November 11, 2017

菊池俊輔音楽祭その2

と言うわけで何だかんだ現場に足を運んで来たようなわけですが。
選曲の方はその後リクエストなども取った挙句に追加もあったのは予定だったのかどうか分かりませんが、Drスランプ、ライダー、V3、キャシャーン、グレンダイザー、ホッパ&将軍様と結構なラインナップ。将軍さま以外は基本1コーラスのメロオケ、将軍様のみテーマと立ち回り曲。
菊池俊輔というとやっぱりメロオケなもんで(それだけメロディが強いとも言えるが)、追加があったのは何より。
ここの白眉はやはり将軍様でして、まさか冒頭が馬蹄の音から入るとは良い仕事すぎる。何言ってんだか観た人じゃないとわかりませんでしょうが、パーカッション隊が仕事してたのです。
リクエストにあって漏れた中で大きいのはGメンか。本人もお気に入りの仕事らしいので是非欲しかったがなァ。

これら追加は冒頭にまずどーんとやりまして景気つけた後に予定通りのゲッター、バビル、ドラえもん、ドラゴンボールの組曲を順番にという構成。
ゲッター&バビルが意外に覚えてないもんで少々地味に聴こえたのに対して、実はオケ的に最も映えて面白かったのがドラえもんだったのは収穫だったですねえ。
今回オケに弦が数少なかったので(1stVl,2ndVl,Vla,Vcが各々2名、Cbは無しでEB有り)となるとVlの音量がやっぱり派手な曲だと足りないんですよ。菊池曲にしばしばある弦のあれ(タリラリラリラリってやつね)とかも隠れ気味で。
んで、ドラえもんだと元から小規模な楽曲が多いもんで弦とか木管も良く響いてバランスが良かったのだな。
何げにアクション曲っぽいのもあって、菊池俊輔カタログとしても予想以上に良い選曲でした。
ドラゴンボールになると、全く見てないので個人的には新曲発表会に等しくて、菊池節がそこかしこに感じられるなあとは思えど思い入れではやっぱり敗けるのは仕方ない。
最後に大概付いてくる合唱コーナーは、ライダー、バビル、ゲッターでした。

可能性はあまり高そうな気がしないが、次があるならやはりライダー&Gメンをメインでお願いしたいところ。ほのぼの路線はロボコンとかでどーですか。

ところで今回は客席に渡辺宙明御大は来ていましたが、当の本人は舞台にあがる事もなく気配も無し。裏にはいたかも知れないが…謎の人のままであった。

追記
NHK番組によると現在病気療養中との事。むむ。

October 29, 2017

Profondo Rosso あるいはGOBLIN

川崎はクラブチッタのザ・ベスト・オブ・イタリアン・ロック というライブシリーズですが、昨年行われたサスペリアのライブ上映に続いて今年はサスペリア2やったるでと言うことでしてね。
昨年は行けなかったんですが、今回は行ってきましたよ。
Dario Argento最高傑作とも言われるサスペリア2の初鑑賞が生演奏付きとは贅沢じゃないですか。
実はGOBLINも初ではあるのだが、今回はClaudio SImonetti’s GOBLINと銘打っているようにオリジナルメンバーはSimonettiだけ。GOBLINも御多分にもれず離合集散の歴史がややこしいもんでナニが本家でナニが分家とか凄い現状ですけれどもArgentoとの関係性で言うならSimonettiが相応しい気はするかな。

まずはサスペリア2の全編上映から。原題をProfondo Rossoと言うように有名な話ではあるがサスペリアとは何の関係も無い独立した作品であります。なにしろ製作がそもそもサスペリアより前なんだから「2」の訳がない。サスペリアが当たったもんで、ここ日本では「2」として公開してしまえと言うArgentoもビックリの東宝東和商法。
しかしながらいわゆるジャッロ映画の傑作ともいわれる本作品はサスペリア共々カルトな人気を博して今日に至るのであります。
実際観てみれば導入部に超能力者と言うフリはあるもののその後はオカルト要素はほぼ皆無のミステリー劇ではある。ところどころハッタリやらなんやらでなんでそうなる?と言う部分はあるのだが、何しろ映像トリックにつきまして、映像作家としてのArgentoは流石だなあとうなる次第。これは映画でなければ出来ない表現なのです。小説では言うまでもなくマンガでも無理。
とは言え初見で見抜くのはまず不可能とも思うけど。
これ多分De Palmaの「殺しのドレス」にも影響与えてるんではないかな。

ところで映像シンクロの生演奏ですが、実に贅沢な体験ではあったけれども、演奏はじまるとそちらのエネルギーが強すぎて映画本編がバンドのPVみたいになってしまい、本来ならあるはずのサスペンスが逆に緩和されるという良いんだか悪いんだか。だいたい犯行シーンに漏れ無くついてきますので。

そんなこんなで第一部が終了し30分の休憩を挟んで、ベストヒッツと称した第二部開始。
バンドメンバーはトリオで第一部ではほぼBに選任していたBruno Previtali はGtに持ち替え。音の薄さは感じなかったのでSimonettiの鍵盤かシーケンスでしょうかね。
時節柄を考えてか、John Carpenter のHalloweenのカヴァーもあったりなんかして(ついでにTubular bellsも)。選曲はZombiが無かったのが惜しいが(前回はあったのに)、この辺はもうしょうがないっすね。毎回同じてのもあれだし。

October 01, 2017

菊池俊輔音楽祭

菊池俊輔音楽祭を以前やらんもんかと書いたら実現の運びに。
だけども選曲が自分的に微妙なので、もひとつ盛り上がらん感じではある。
「ゲッターロボ」「ドラえもん」「ドラゴンボールZ」「バビル2世」だとか。
カタログが膨大な中、なぜこの4作品?という疑問はある。
世間的には「ドラゴンボール」は大事なコンテンツなのはわかるんですが、小生そこにはまってないのでねえ。「ドラえもん」路線も作曲家の手腕的な意味合いとしてはカタログ的にはありではあるのだが、んじゃサントラ買ってコンサ行くかっつーとそこまで守備範囲は広くはない。
渡辺宙明コンサがなんだかんだ景気良い路線で手堅くセットリストを組んだのに比べるといきなりこれ?というかなあ。
いやまあゲッターはビッグネームとしてもそれ以上の世間的浸透度と思われるGメンも将軍様も無し。ましてや代表作筆頭のライダーシリーズも無して。
しかしこれがウケないと次回はないと思うと悩むところではあるんで結局行くことにしてみたりなんかして。

September 23, 2017

ゴジラ伝説V

前回ライブであればまた別とか書いたりしてんだけど、NY録音による第5弾が登場と同時に発売記念ライブがあるなんつー話を聞きつけてチケ押さえてみれば、場所は調布市せんがわ劇場という場所。
行ってみたらば席が120もないという小さいハコでして、5000円x120としても井上誠&ヒカシュー+ゲスト+スタッフのギャラとかペイできてるんでしょうかなんて心配までしちゃったりなんかして。
そのバンドはヒカシューにSax,Tp,Tbの管を加えてと言う事で「生」成分強め。ゴジラ伝説的に言えばもう少しシンセ寄りで聴きたかったような気もしなくもないが、現在進行形ではこっちなんでしょうね。
Tpは結構辛そうで上の方がしばしば出てませんでしたが、アンコールの怪獣大戦争=宇宙大戦争では当時の勢い優先な雰囲気が逆に出てたかも(笑)。

ところで今回発売翌日ということで、CDは物販で買おうかななんて思ってたら劇場お買い上げの人にはサイン会(井上誠&開田裕治)あるよなんて言われて、人数も少ないし素直にサインいただいてきましたよ。井上さンとはちょっと会話もありで。

とりあえず今回ライブ来た人限定のレアナンバーといえばキノコホテルのマリアンヌ東雲嬢をゲストヴォーカルにむかえての伝説のアングラソング「かえせ!太陽を」ですね。
なんでもバンドの方でカヴァーしてるそうで(iTunes Storeにありましたよ)その所縁での披露かと。
なにしろゴジラ伝説には未収録でありますんで、これは素直に良かったです。

チラシによるとVレコーディングメンバーでのライブも予定されてるらしいですよ。

April 17, 2017

Yes featuring ARW

今再びの YES南北朝時代というのは前にも書いた通り。
んでいわゆるYESが本家YESとするならば、こっちゃ元祖YESとでも言えば良いのか。
YES featuring Anderson, Rabin & Wakemanてなもんで、YESなの?そうでないの?みたいなね。
とは言えVoice of YesことJon Andersonがいる強みはあるのであった。本家が大黒柱のSquire亡き今、面子的にもARWの方が役者が揃ってしまっている感は強かったりなんかして。
まあ良いんだけど。

ところで事前情報の感じからして肝心のセットリストはほぼUNIONツアーの踏襲に近いと言うことで、ここは本家よりも新鮮味は無いなぁとは思っていたのだな。我ながらしつこいがTalk with Wakemanをやってくれれば狂喜乱舞ではあったけれども、蓋を開けてみりゃ結局無難なセットリスト。
Unionツアーはさんざん見聞きしている身にしてみれば26年!(マジか〜)ぶりとは言え、もう少し攻めたセットリストが欲しかったところ。
ただUnionツアーではなんだかんだTony Kayeの出番もあったのに比べるとKeyはWakeman単独と言うことでやっぱり外連味の強いピロピロ手癖キーボードでデコレーションされるのが目立った結果、Rabin + Wakemanという珍味はそこそこシミュレーションされたようには思う。やっぱり面白かった。

Andersonが思った以上に元気なのも良かったですよ。一部?キーは下げてたように思いますが。
それ以上にRabinのヴォーカルの衰えの方がちょいと驚きでしたがね。声と音程共に。

ただし会場は最後のアレ(Wakeman&Rabinの会場練り歩き)で大盛り上がりになりましたんで、そりゃ盛り上がるでしょって話でねえ。
なんだかんだ、満足はして帰って来たわけだけど。
あー、でも何故だかWakemanのソロコーナー無かったのはやっぱり残念。

どうにも再びの再合流も無くは無い…のかな?
全てはド天然のAnderson次第か。

そんな日にAllan Holdsworthの訃報も飛び込んで来たりなんかして。
そろそろ総じてそういう時期なんでしょうけどねえ。

March 05, 2017

渡辺宙明スペシャルコンサート

卒寿記念の3回シリーズは終了したものの、3/4に渡辺宙明スペシャルコンサートと銘打って、新たなライブが開催されたのであった。
演奏は渡辺宙明スペシャルブラスとなっていたので、弦無しかーとか思ってたんですがまあ一応チケは押さえたんですな。
その後キーボードが参加する(どーゆー繋がりかKeyboard Magazine読者にはお馴染み篠田元一ってのに驚き)ということが判明し、これなら弦無しでもOKかも(というか普通にビッグバンド編成だよな)なんて思いつつ。
しかも主席Tpにエリック・ミヤシロ(過去にはJerry Goldsmithコンサでも参加してましたな)とかなかなかのもんですよ。主席Tbの中川英二郎さんも知る人ぞ知るトッププレイヤーだそうで。

そんなこんなで当日を迎えてみれば、ゲストに永井のGoセンセイなんかも来てたり(トークは特に無し)ということでマジンガーを中心にゴレンジャーとかキカイダーとか70年代前半のジャズロックテイストが選曲されたのは当然なのであった。
歌のゲストについにささきいさおか?とか勝手に想像してたけど、今回は誰も来ませんでした。ゴレンジャーだとミッチも呼ばんとならんしな。

指揮もいましたけど基本的には卒寿シリーズに比べてオケノリよりはバンドノリ強めでドラム含めたリズム隊も多分今までより演奏の自由度と音大きめ、ツインキーボードによって弦やオルガンも補完と演奏的には今回がベストという結果に。
先行販売のVol.3のCDも入手したけど、ミックスがライブな点を差し引いてもやっぱりノリが大人し過ぎると思うんですよ。
もちろん生で聴けたという価値の方が大きいのはあるんですけどね。
ちなみにクッシーが盛大にトチった為か権利関係か知りませんが本人歌唱コーナーは全てカット。まあ会場限定の特典ということで(笑)。

駄菓子菓子(なんだこの変換)。
いや、だがしかしキカイダーのアクションテーマと主題歌アレンジはこの編成を持ってしてもオリジナルのギターソロは再現されずで不満が残る出来。
必ずしもフレーズを完コピしろとは言わないが、テイストな。テイストが欲しいのよ。この辺は世代的にもドンピシャでは無さそうなプレイヤーという点に問題があるのかも。
アクションテーマは今回はジャズロック編成を意識して一応ソロ回し的な展開もあったんですけど、ここでトワンギーな味を出さんところがなあ。
主題歌はカッティングの後ろでひたすら弾きまくってる謎のギターソロがあれば会場の87%以上は狂喜したろうにねぇ。編成上ツインギターなのに!だよ。

キカイダーは脳内に染み付いてるもんであれですが、他は馴染みのある無しはあれど代打指揮者の徳永洋明さんのノリも含めて良かったですよ。
選曲はまあ言いだしたらキリが無いし。

またやりますんでという発言を信じるならば、このバンドノリを生かしつつ生弦足して欲しいわー。主題歌の傑作アレンジたるイクサーロボの他、ある意味宙明サウンドカタログと化してるイクサー1とか期待しつつ。

しかしなんだな、こうなるともう一人の重鎮、菊池俊輔のコンサは無いもんかね。
これまたカタログが膨大すぎるのと、メロオケばかりというのも芸が無さそうなところで構成が難しそうだが。ライダーで絞るのも手だが、どうせやるならGメンは聴きたいし、将軍様も捨てがたいとかさー。

December 17, 2016

ROGUE ONE ローグ・ワン

昨年のエピソード7に続き、今度は外伝としての新作。そりゃまあ観ますけどってなもんで。
以下ネタバレ気にせずっ





















ど。

事前情報の通り外伝とはいえ、ep4の直前までを描くとの触れ込みだったのですが、まさにそのまんまでして、一見さんにはこれでおしまい?ってなもんですよね。
もっとも一見さんがどの程度いるのか知りませんけど。

それにしても新キャラクターばかりでデススターの設計図入手作戦だろ?
明らかに反乱軍の功績者達のお話なのにその後のエピソードで一切出てこないとなると、こりゃまさかの部隊全滅話かと思っていたら本当にそのまんまでびっくりしてしまいました。
主人公の最後とかよくこれでディズニーがOK出したな。カタルシス何も無し!涙無くしては見られませんみたいなのはSW的にはなんか違和感あるけど、どうなんでしょうね。
とにかく情け容赦無しなギャレス・エドワーズ。歴史に埋もれた英雄譚としてもうちょっとうまい落とし所もあったんじゃないかと思うんだがなァ。ほら今後ep4見るときにアガらなくなる弊害もあるしさ(笑)。

とはいえ後半の戦闘シーンは結構良くて技術の進歩とともにシリーズ最高のクオリティかもです。
ワープアウトがまんまヤマトでしたけど(昔なら危険な発言(爆))。
しかしいささかCG臭かった(知らなければ分からんだろうが)けどピーター・カッシングとかギャラ発生するんですかね?ラストのレイアはCGかと思ったら別の人が演じてるんだそうで。あれはあえて顔出さんでも成立するとは思うんだがな。実はその方が素直にep4に繋がるんじゃないかとか(笑)。
あと多分ヴェイダー卿はあえてのep4バージョンの衣装だよね。
そういえばどう考えてもそんじょそこらのジェダイ騎士より強そうなドニー・イェンですが、ヴェイダー卿とのタイマンがなかったのは残念でしたな。あの無双なドニーさんが結局は勝てないというあたりでヴェイダー卿にさらなる箔もついたでしょうに。

音楽は映画シリーズでは初めてJohn Williams以外の登板となって、若手筆頭格のMichael Giacchinoが担当。一応主要モチーフは隠し味程度に使用なのは外伝ですからね。
JWも高齢だし、今後も続けるなら後任は必要だ。それにしてもGiacchinoは過去作の引き継ぎっぽい仕事がすげー多い印象。まあ器用だから重宝なんだろうけど本人複雑かもね。

今後これも正史となると見る順番が難しいような。

November 23, 2016

YES 2016 ジャパンツアー

唯一一度も脱退しなかった創設時メンバーにして文字通りの大黒柱だったChris Squireが逝去して残ったメンバーはといえばなんと創設時メンバーは誰もいないという状態になったYESが二年ぶりに来日。

DrのAlan Whiteも腰の手術だとかで直前まで来日が危ぶまれたとはいえ、なんだかんだSteve Howe爺がいれば良いのさという事で初日に参戦。

実際んところ冒頭が Machine Messiah と言うだけで DRAMA 好きの小生は元取った気分。
ここからDRAMA三連発というDRAMA推しは全くもって正しい選択。
なぜなら実は今再びのYES南北朝時代でもあって、Anderson, Rabin & Wakemanというプロジェクトが来日も決まって進行中。だけどそっちは絶対DRAMAやりませんから。

ところでAlan Whiteが日本ツアーから復帰とアナウンスされていたものの、始まってみればブースに座ってんのは出戻りメンバーにして二代目ベーシストを務めるBilly Sherwoodの繋がりからJay Schellenだったり。でもここ最近のAlanより音もパワフルでいいんですけどね。
今回のツアーの目玉はあの海洋地形学からのナンバーを取り上げるということだったが、二部構成ということで後半だろうなという予想通り、前半はYESSONGSからのセレクト…ってそれ普通の選曲じゃないのか?という話だが。
ちなみにBilly Sherwoodは長いことChrisの相棒を務めていただけあって、芸風もなんとなく継承していてなんだか伝統芸能みたいでしたねえ。

で、第一部終了とともに20分の休憩を挟んでいよいよある意味YES史上最大の問題作とも言える海洋地形学から、「神の啓示」と「儀式」さらに結果的にわかったことだが、「古代文明」からも後半部分をHowe爺のソロコーナーも兼ねてみたいな位置付けでやりまして、結局この超大作の半分以上が披露されたわけです。
まあ中には「海洋」こそ至高みたいな人もいるような気がしないでもないが。という小生も別に嫌いじゃないけどね、実際久しぶりに聴いてみるとやっぱり、駄作ではないけど冗長かつ散漫な印象は否めませんな。
最新アルバムのHeaven & Earthが異様に地味なイメージだったけど、「海洋」と思えばぜんぜん聴けるかもなあなんて思ってたりなんかして。
まあとにもかくにも「海洋」のナンバーをライブで聴けたという事実が大切ですよね。
ちなみに第二部の途中からDrがAlan Whiteに交代したのでした。

アンコールはRoundaboutとStarship Trooperということで、個人的には初めてOwner of a ~ 無しのYESライブでした。今のメンツじゃ無くて良いと思ってたのでこれで良いのだ。

ところで会場じゃ早速ARWの来日チラシが配布されてまして、なんだかんだチケは既に抑えてしまいましたけれども。今回と同じく土日じゃないのが不安材料。
噂によるとUNIONツアーぽい選曲だそうで、どうせならWakeman入りで幻のラインアップとしてTALKツアーに寄せてくれないかなという願望。

Wakemanのアクの強いキーボードがあればTALKがもっと良くなってたと思うのを証明して欲しいんだよなあ。Endless Dreamとかさあ。

August 11, 2016

シン・ゴジラ2回目

いやあ「バトルシップ」以来の劇場詣でございますよ。

以下箇条書きで。

・とにかくゴジラが怖いのがイイですね。コレマジでヤバい奴じゃん、倒せるのか...?と感じさせた時点で勝ちですよ。

・自衛隊の弾は国民に向けてはいかん!

・盛り上がる例の音楽でアガるとこなのに、画面でやっているのは電話で頭下げているシーンという...だがそれが良い。

・これだけヤバい奴に最後に立ち向かうのが働く車と電車連合軍て。5歳児の夢。天才か。

2度目の方が、ぐっとくるポイントも多々ありで。


July 30, 2016

シン・ゴジラ

とにかくタイトルとスタッフが発表された時点から、なんでもシンつけりゃいいってもんじゃなかろうにと、エヴァ臭が強すぎて、ゴジラの私物化甚だしいなあという感が強かったわけですがね。
でもまあこれで企画通してしまった以上は、東宝も好きにしていただいて結構という思い切りはあったんでしょうね。






仕方無く(笑)








以下思いつくまま。

結論先に書いちゃうと、かなり面白かった。ゴジラ映画のマスターピース誕生と言っても良いかもしれない。
少なくとも今後はこれが基準となるだろうし、有り体に言ってギャレス・エドワーズ版よりはるかに面白いことは間違いない。
やはり怪獣映画は国産に限りますなあ。前も書いたけど昼間のシーンが多いのも好感高し。なぜかパシリムもギャレス版も夜ばかりなのが不満の一つでね。
にしても狂言師の野村萬斎にゴジラ役(モーションキャプチャー)を当てるなど、見たての美学を分かってるよな。ここが洋物では出来ない侘び寂びや外連の世界。
いわゆる特撮(昨今はVFXて言うんですかね)もハリウッド製と比べたら随分なクサされようですが、誤解を恐れずに言えば円谷特撮で育った我々おじさん達は見たてに慣れているので、全然問題無い水準ですよ。

出発点として当然意識しているだろう、怪獣出現シミュ映画の元祖的な平成ガメラ第1作の低予算でも観せたい絵はわかるよ!こっちで補完して見たてるよ!みたいな時代に比べりゃあなたねえ。

ただまあ総じてエヴァなんだよな。

これはもう庵野秀明を担ぎ出した時点で、わかりきってたことでもうしょーが無いっつーか。音楽も鷺巣詩郎で例のアレ(人によってはなんでここで「ほこxたて」?とか思うんでしょうか)やっちゃってますから。なんちゅうかクリシェだよね。
あえて言うとそれ込みで、このぐらいの水準はできるだろうという予想が良い方に転んだって感じでした。先にあげた平成ガメラ1作目を観たときの興奮に近いものがあったかな。ようやく本家本元で溜飲を下げることができたといいますかね。

今回総監督が庵野秀明、監督が樋口真嗣ということでお互いがどこまで何を演出していたのかさっぱりわからないんですけど、少なくとも樋口真嗣だけでは本編は相当ドイヒーになったことは過去の例からして間違い無いので、うまく役割を補完できたんでしょうねえ。
市川実日子のラストの笑顔とか樋口じゃできまいて(もっともこれ綾波じゃねーかって話見て、確かにそうだと思ったけど。まあ宮崎駿も然りで映画作家というものは同じ話を繰り返し繰り返し偏執的にやるものなのです)。それでももう少し気を使えばもっとできたと思うけど。ワザとやってるのかもだが本多猪四郎ならもっと観客の腑に落ちるようなカットを入れるんでしょうが。例えば凝固剤がなぜ効くのかをサンプル使ってこれならいける!みたいなカットは普通は入れるよな。SFのお約束として。

ところで初上陸設定のゴジラって国産では初代以来でしょうかね。平成シリーズは全部は見てないから知らないけど。以外と目からウロコな設定ではありまして、その手があったかと。

国産怪獣ですから、通常兵器はほぼ効かない無双ぶりはお約束。日米安保絡めて米軍参加(昔こんなヨタ話をしてたことを思い出しましたが)も画期的。
もちろん火も吐くのですが、被害は相当なものでお子様にはトラウマものではないでしょうか。もう悪役というか完全にヤバいゴジラです。劇中ではちらりと単性生殖とか有翼化の可能性も示唆されてましたが、そこまで行ってたらデビルマンというかアルマゲドンだってば。というか最後人類滅亡というプロットも絶対検討したよなこれ。
それやってたらカルト化だよなあ。
やっぱりあれですかね、核攻撃食らってもやられないどころか、さらに進化して…有翼化…「でっびーる!」って感じですかね。
それはそれで見てみたいようなそうでもないような。


«渡辺宙明卒寿コンサVol.3