1行紹介

自分でびっくりしてしまうが妻1人ありの身分に。奇跡。 その後さらに娘ありに。これまた奇跡。

自己紹介文

30代もとうに半ばを過ぎて我ながらいい加減落ち着けと思うが、三つ子の魂百までと言うようにもう無理とも思うわけで。
しがなすぎる小市民野郎いためしが年甲斐も無く脈絡の無い能書きをこっそりと書いていこうみたいな。

ブログのほうが楽そうだしな。