July 06, 2020

現状追認

予想通りすぎて面白くも何ともない結果になった都知事選。とりあえず変えてみようと思う人はやっぱりあんまり多くない。よほどのことがないと人は現状追認に流れるのだ。
いや、震災の時も思ったけど、これ以上の「よほど」ってどれだけやねん。
東京版CDC作るとかまたテキトークしてさあ。おそらく何もしないと思います。
もっとも公約とかほとんどの人は気にしてないからなあ…

感染者3桁はもうこのまましばらくキープされるような勢いですが、一方で検査数は着実に増えているので陽性率自体は春先よりははるかに低くなっているようであります。
春先は検査数を絞っていたため、かなり疑わしい患者に限って検査していたはずなので「真の」陽性率はあまり変わっていないかもしれませんが。
陽性率が下がろうが上がろうが病床が埋まるのは絶対数によってなので、医療資源の充足率はどうなのか気になるところです。

July 05, 2020

都知事選当日ですが

築地も豊洲もどうなった?てなもんでキャッチフレーズを作るのはうまいが、結局施策となるとさっぱりだった都知事。
今回の対コロナで言えば、どうにも場当たり的で結局のところ、総理と同じで科学的知見というところに極めて弱いんだなあと。なんか忖度してくれると思ってしまったんですかねえ。しつこいけどウィルスは忖度する意思も何もありません。
結局パワーゲームには長けてるけど、それしかないんだよな。パワーゲームに長けてるからと言って危機管理に長けてるとは限らない。むしろヤマ師みたいなもんで科学とは食い合わせが悪いとも言える。

残念ながら我が国の高温多湿もあまり影響ないみたいで、ますます厄介さを滲ませてますが。このところの感染者数爆上げに流石にビビったか、他県への移動自粛を言い出したようです。
しかしながら仕事であれば不要不急とは言えんだろうし都内の移動自粛は無いので、正直これだけではあまり効果無いような気はします。
他県から見れば来るんじゃねーよ、という感情論は理解できますが都民は浦安を自粛できるんでしょうかね?

July 04, 2020

都のモデルって(絶句)

欧米諸国に比べれば、まだまだ全然少ない数とは言え理論上はあっという間に増殖する。
なので対応は一歩も二歩も先手を打たねば崩壊。そんなことすらわかってんのかどうかが著しく不安な国と都(のトップ)。
治療法があるわけではないから、打てる手としては感染者を見つけ出し療養させるしかない。名指しされた池袋について豊島区が積極的に検査をする方針を打ち出したら、そこに便乗するかのように東京都のモデルケースとしてみたいなこと抜かしてンだが、お前何にもしてなかったのかよ!と思わざるを得ないんだが。
豊島区、新宿区あたりで率先して検査強化してたんじゃないの?

自粛期間中に多少医療リソースに余裕が出た時に当然やっておくべき施策ではなかったんかい。
しかしそれでも明日の都知事選ではおそらく再選(おそらく圧勝)してしまうんだろうかと。まあ絶望的ですわ。

July 02, 2020

突然だが当然の3桁

真っ昼間に速報値で感染者数100人越えの東京。
積極的検査の帰結ということだが、この内訳の詳細がわからない。積極的というにはほとんどが自覚症状なしということなのだろうか。
それでも隔離は必須となれば、病床数が気になるところではある。

指数関数的に増殖するわけで来週以降の数値は気になるところだが、いずれ二度目の自粛要請はなんらかの形で出さざるを得なくなるのではなかろうか。
特定地域だけ一週間とかさ。
もはや東京への移動不許可みたいな逆ロックダウンなんてのも現実味がなくもない。

June 30, 2020

都知事選を前に

東京が一番感染者が多くなるのは人口が集中しているからで当然。
いまだに新型コロナの病気としての実際の脅威度については正直疑問というかわかりにくい面もあるのだが、少なくともそういう公式な説明はないわけで、であるならば現在の感染者数が、自粛要請やら東京アラートやらに相当するとは大抵の人は思うんじゃないかね。
特に「アラート」なんて単なるライトアップだけなんだから、やりゃあいいじゃんみたいに思うけどね。

まあ東京って一括りにする必要もないんじゃないのってことなんよ。奥多摩と新宿一緒にしても仕方ないし。夜の街って連呼してるんなら、そこがいわば感染源なことは明白なんでしょう。だったらそれこそ歌舞伎町界隈だけでも自粛してもらって徹底的に検査するとかさ。

それにしても都知事選なんて現職のぼんやりとしたイメージだけで当選確実なんで、いつから有名人の人気投票みたいになってしまったんか。有名人だからだめなのか論は脇に置くが、むしろ有名人じゃないと立候補も当選もできないような感じだもの。

現総理に色々思うところはあっても国のトップの直接選挙なんてこの国じゃ絶対やめた方が良いと思いますわ。

June 28, 2020

ランボー ラスト・ブラッド RAMBO: LAST BLOOD

映画館が営業再開になったこともあり、そういうことならと早速の一本。
前作が2008年だったので、すでに10年以上前。なんかついこの前みたいに思えるのが嫌ねえ。歳取ると時間経過が早いのなんの。
前作はなんちゅうかランボーのフォーマットを借りた一大残酷絵巻でして、しかしながらそこがある意味画期的でもあり、ヒロイズムをいわば相対化して見せた一作。

で、その前作のラスト、いい感じに終幕を迎えてそれを引き継いだ前半は、ランボーらしからぬ平和な一コマ。冒頭のエピソードはなんか浮いてる感じもあったけど、本国版ではカットだとか。確かになくても話は成立するもんな。

おそらく最終作の今作(FISRT BLOODに対する対比としても)だが、実になんというかひたすら哀しい話。皆不幸で鬱であります。
特に主人公たるランボーの哀しいことと言ったらありません。
今回もランボー自身は何も悪くないけど、育ての親の言うこと聞かない娘っ子は半ば自業自得…にしても不幸すぎるけど。結果ランボーも不幸。まあ脚本はスタローン自らも手掛けてんだけど。
全てはクライマックス戦に持ち込むが故なのは明白とは言えストーリーテリング的にはいくつか?な部分はあるのもちと作品としては弱いか。
で、そのクライマックス戦だが、所詮メキシコマフィア程度では最強ワンマンアーミーが手ぐすね引いて待っているホームゲームでは勝負になるわけもなく、ひたすら蹂躙されるがまま。完全にスプラッターホラー状態。殺人鬼ランボーのワンサイドゲーム。今回もR15ということで、そこは覚悟して観に行ったけれどもそこはビンゴでした。

で、何が怖いって平和な冒頭からランボーの不穏ぶりですよ。何があるでもないのに住居の敷地内に地下道を張り巡らして、普段はそこで過ごしてるという病みっぷり。
最終的にそこにトラップを偏執的に仕掛けて迎え撃つ段取りなんて、用意周到ぶりが復讐という感情を超えてヤバすぎて、感情移入し難いもんね。

最近アマゾンプライムでラストスタンドとかボーダーライン観たばかりなので、メキシコやベーみたいになちゃうのは仕方ないが、それも故か非難もあるみたいです。実際のところどうなんですかねえ。

 

June 27, 2020

当然の帰結

3桁になるのは時間の問題のような首都圏の感染者数。どう考えても第一波すら収束していないまま、自粛を解除すればこうなるのは当たり前。検査数が増えていることもある程度事実ではあるだろうが、放置する方針にしたならしたで明確にして欲しいものであります。

とは言えあれほど大騒ぎしていた医療崩壊はどうなるんでしょうか。首都圏の病床は確保されているのか謎であります。
今のままでは首都圏が一種の感染源となり、全国に波及させてしまうような勢い。これといった策もないんだからそりゃそうなるわい。
しかし国会はやっていないし、都知事はどこか知らぬ顔。後は自助努力でよろしくっ…て何も状況変わってないじゃん。

とにかくこの国はファンタジーで成り立っておりますでね。総理も都知事もレトリックか言い逃れしかしませんから。お上なんざおよそ当てにならないと、ある意味諦めているんでしょうが、それにしても現職の再選模様の鉄板ぶりはやはり理解不能でありやす。
何であんな権力欲と名誉欲「しか」取り柄がない輩に支持が集まるのか。

June 26, 2020

正常化バイアスとでもいうのか

喉元過ぎれば暑さを忘れるじゃないけども。
ま、喉元全然すぎてないと思いますけどね。異常事態も長く続けば異常が正常化して慣れるというか。東京は当然のように感染者数上昇中だけど雰囲気的にまあそんなもんだよな…みたいな感じになっているような気もする。
何度でもいうけど東京アラートってなんだったんだよ、本当に。一度解除したらもうやらないらしいがまったくもって意味不明。ちょっとやってみたかったぐらいの軽ーいノリか、コラ。
報道も相変わらず感染者数のみしか報道せず、背景の数値がどう推移しているとか興味なしか。意味がないのよそんなもの。
そんな都知事を結局支持するんだから、都民も大概お人良し。マゾヒスト集団か。
箸の上げ下げまで、指示されるような窮屈な世の中でいいのかい。そりゃその方が為政者も楽だよ。しかし目指すべきはそっちじゃないと思うんだがなぁ。

ところでみんなで頑張ろうという空虚なキャッチフレーズ(若干雑なまとめ方)にて決まった10万円だが、まだ振り込まれません。
どうにも給付を希望しないというチェック欄がいまだに気になってしょうがない。間違ったんだろうか…みたいな不安感しかありません。
どうしてああいう余計な手間をわざわざ増やすのかね?
とりあえず配ってしまえば、本当にいらないと思う人は寄付するなり何なりすればいいわけで、それだけで給付する側は一手間減るじゃんよ。
本当に嫌で嫌でしょうがないんだろうなあ…ってソモソモてめえの金じゃねえだろうが!

June 23, 2020

COCOA

コロナ接触確認アプリがリリースされた。
どうにも政府のやるこたぁ信用ならないが、調べてみるとセキュリティは意外と大丈夫そうなこともあり、入れてみましたよ。
そのセキュリティが大丈夫そうという理由だが、iPhoneの場合要はAppleによるフレームワークを使わなければならないからで、そこを掻い潜って何か仕掛けるのは容易ではないらしい。しかも開発主体はボランティアだそうで志ですな。
日本政府よりもAppleの方が信用できそうってのも何だが、連邦政府に犯罪がらみだから協力しろと言われても拒んだほどだからそりゃ信用できるっしょ(笑)。

June 21, 2020

金帰火来

なぜ06/19に首都圏からの移動が解禁になったか、月末ではなく月半ばのこの日だったのか。
むしろ既定路線として何が何でもこの日にしなければならない理由があったとは気がつきませんでな。
要は国会終わるので、都内の議員さん達が地元に帰れるようにしなければならなかったということだったのね。
そりゃあ国会の会期延長なんかのむわけ無いわ。

«所詮ルサンチマンだが