« 洋楽VS邦楽 | Main | 高いと言えば »

October 25, 1999

EMI

大事なことだが邦楽は高い。約¥3000強/1枚というのが、抵抗感をものすごく高くしている。洋楽はおおむね¥2500ぐらい、旧譜ならもっと安いのもザラだ。輸入盤なら当然もっと安いし。たかが¥500の差かもしれないが、枚数増えるとバカにならん。買いたいと思うアルバムは洋邦問わずいくらでもあるので、同じ1枚買うなら安いほうが良いという部分はある。
洋楽でも以前はEMIのやつがやはり高くて、The Beatlesはボックスでまとめ買いしたし(1枚あたりで相当差が出た)、Queenもなかなか買う気にならず、輸入盤を買ってたもんだ。

最近はEMIも安くなって結構なことだが、ここは真剣に音楽を売る気があるのかどうか神経を疑うことがあるので好きではない。複数の批判があったと記憶している事だが、The Rolling Stones/BRIDGE TO BABYLONで国内盤になんも考えず、当時ドラマで主題歌?として使われていたAngieのライブトラックをボーナストラックで終わりに入れやがったのが、全体のバランスぶち壊しただけというお粗末ぶり…あまりにもアタマにきたので後日輸入盤を買いなおしてしまった。(こんなことをしてもEMIは何も痛くないのがまた悔しくもあるが)ボーナストラックを入れてくれるのは概ね反対しないのだが(無くても良いが)、このときはあまりにもやっつけ仕事なのがみえみえでねえ。

レアトラックならまだ納得しないでもないがVIDEOで出てるライブからの抜粋だぜ(「次はスロウでいくぜ」というMickのMCから入っているので間違いないだろう。「このMC」から入れるってのも仕事にセンスが無いのを露呈している)。バカにすんなっての。ドラマでタイアップするならJUMP BACKという立派なベスト盤があったんだからさあ…そっちをしっかり売ること考えりゃいいじゃん、って古い話ですが。
他にも何故かStonesがらみばかりだが、ライナーに小説入れたり(VOODOO ROUNGE。輸入盤買ったので読んでない)、詩をいれたり(STRIPPED。読んだ)ってそんな事されてもファンはちいとも喜ばないのよ(それらの小説や、詩の作品としての価値はまったく別の話なので誤解なきよう)。まったく謎である。

« 洋楽VS邦楽 | Main | 高いと言えば »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 洋楽VS邦楽 | Main | 高いと言えば »