« JPJ | Main | Steve Vai »

December 30, 1999

ゴジラ2000 ミレニアム

ゴジラ2000 ミレニアムを見てしまうの巻。

はじめに白状してしまえば、何も期待していたわけではなく実際少し迷ったのだが、結局見てしまった。例の「GODZILLA」はあまりにも退屈なシロモノだったが復活した本家はどうか。おそらく「GODZILLA」が馬鹿ウケしていたら、当然シリーズ化されて本家の復活ももっと後になったんだろうが。

大森一樹の悪乗りで破綻しまくって終わった平成シリーズはとりあえずチャラにしたとはいえ、やっぱり難しい映画だってことだな。内容が、では無くどう作るかってことがですが。
結局どういう映画を作りたかった、あるいは見せたかったのかが全く解らん。毎度の事ながら全てに中途半端。どこか一点の重点突破をしてこそ、この手の映画は勢いがでるような気がするんだが…結局脚本がダメって事だ。マクロで言えば世界観が見えない。ミクロで言えば人物の描写が適当。

「誘拐」では骨太な作品を撮れる実力を発揮した大河原孝夫だが、やはりこの手の作品になると全てをコントロールできないためか(あるいはやる気が無いか)散漫な印象。テンポが悪く、見ている間恐ろしく長く感じた。
テレビ番組だってもう少しマシなんじゃねえか?と思えるセンスの無いデジタル合成もどうかと思う。単に安っぽくしか見えないんじゃあねえ。大パノラマのミニチュア作ったほうが豪快感はあったよな。

それでも「ゴジラ」であるからして俺のような馬鹿者がいるかぎりそこそこ客は入るだろう。でも見たときガラガラだったが、昼間は違うのかね?
既に「ゴジラ2001」も制作決定したようだが、今回の話もチャラにしてマトモな脚本を作って欲しいものだ。無理だろうけど。好きにしてくれ。

« JPJ | Main | Steve Vai »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« JPJ | Main | Steve Vai »