« Eric Clapton | Main | R&B(極私的) »

December 02, 1999

第六感

久しぶりに映画、シックス・センスを見る。
実に上手い。良く出来てる。脚本の面白さというものを味わわせてくれます。確かにある意味で王道のホラー映画、(つーよりはゴーストストーリーかな)なんだがサスペンス的でもありミステリー的でもあり、古典的でありながらモダン…脚本・監督はずいぶんと若手のようで、新しい才能が着実に出てくるものだよ。
子役の演技がずいぶんと話題になってましたが、いやあなかなかどうして、ブルース!今までブルースは何やってもブルースとかいってましたが、今回も勿論ブルースなんだが、実にハマリ役で、こうなるとぢつはブルースってすげえ上手い役者ジャン。感心、感心。もう地球は救わなくて良いぞ。
どう見てもハイバジェットには見えないが、演出が切れ味抜群。ブルースも(想像だが)きっと破格の低ギャラで出てくれたんではなかろうか?

なかなか品のある作品なので、一部の中途半端なショッキング描写が逆に興をそいでしまったきらいはあるな。徹底して雰囲気で押せばもっと良かったろうに。

追記:ギャラについて知人より情報があり、ブルースの契約は成功報酬形式がされているらしく、ようするに儲けの一部を頂く事ができるらしいのね。これが事実ならこの映画大ヒットしたので、結果的にはブルース、きっとウハウハだ!なかなかの目利きだなあ。

« Eric Clapton | Main | R&B(極私的) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« Eric Clapton | Main | R&B(極私的) »