« 渡米2 | Main | eXistenZ »

April 21, 2000

渡米3

さて、そのあくる日であるがついにメインイベントだ。ここまでくればもはや行くしかないだろう。行かなきゃ後悔間違いなしである。既にチケット(26$)は前日クラブハウスショップで入手済みだ。
と気合を入れていたらなんと朝から雨がシトシトと降っているではないか。もちろんこの程度で中止になるはずも無いが、少し残念である。もっともこのわずか数日前にはニューヨークは大雪だったりしていたので、それに比べりゃ全然問題ないけど。さらにダラスでは雹だか霰だかがその後降ってたりするわけで、広い大陸とはいえ全くトンデモ無いところである。

というわけで地下鉄に乗ってYANKEE STADIUMへ行く時が来たのだ!うおおお、凄え!しかしこの雨はいささか問題である。試合中に傘をさすのは嫌なので、まずは再びクラブハウスショップへ行き、ウィンドブレーカーとキャップを入手するのであった。

そしていざ地下鉄へ。
何かと評判だった地下鉄だが、昨今は車両の入れ替えやらなんやらで、かなりきれいにかつ安全になったとの事である(ただし早朝および夜は避けるべきとは言われている)。YANKEE STADIUMへ向かうのは基本的には2つの路線があるが、今回は途中でハーレムをつっきる路線で行くことにした。何故かと言えば間違い様が無いと思えたからである。

…ところが間違えてしまったのよ、入り口間違えて別の線にのってしまったのよねえ…北へいかねばならんのに東へ行ってしまったんだなあ、まったくトホホである。しかしそういうこともあろうかと予め早めに出発していたのでフォローする時間はあるのであった。ちなみに地下鉄はどこからどこまで乗っても$1.5となかなか安い。そういえばタクシーも初乗り$2(チップ別とはいえ)なので交通機関は安いよな。

さて今度こそとしっかり確認してホームへ降りていくと、どうも野球を見に行きそうな雰囲気がただよっている。これは間違いあるまい。というわけで人波にあわせて、列車にのりこんだ。駅が進むにつれてなかなか混雑してきた。そしてついに161Streetへ到着。ここは駅は地上だ、Ys1おお既に見えるでわないか。駅をでればそこはもうスタジアムだ。

テキサスはライトスタンドだったが、今回はサード側である。正面から入ろうとおもいほぼ半周歩く。あたりまえだが確かにYs2YANKEE STADIUM
だ。もう13時の試合開始まであまり時間が無いのでとにかく入場だ。

ちなみにここの席はチケットの番号を見てもどこなのか非常にわかりにくい(地元と思しき人たちもやたらと係員に確認していたようだ)。ようやく席につくとYs3スタンドの下なので雨は問題にならなかったのであった(笑)。

今日の相手はカンザスシティ・ロイヤルズである。まもなくラインナップのアナウンスが始まったのだが、このBGMが「ダースベイダーのマーチ」なんだよねー、シャレとはいえ良ぉやる…そして次にヤンキースのラインアップ紹介が始まった。打って変わった大歓声が沸きあがる。おお、やはりフランチャイズしか盛り上がらんのだ。この徹底振りがメジャーだ!予想通り当然BGMは「ルーク・スカイウォーカーのテーマ」に変わったのだった。地元は正義なのである(笑)。悪の帝国を迎え撃つ正義の反乱軍というわけである。馬鹿だね~(笑)。しかしこの過剰とも言うべき演出が盛り上がるのも事実だが。

さて小雨のぱらつくなか試合が始まったのだが1回裏にヤンキースはこの日4番にはいったSPENCERの3ランでいきなり先制するのであった。このホームランはレフトということで割と近くに見ることができた。普通にフェンス越えだが、実はここはレフトが一番深いという変形した球場なので、なにげに400フィートは確実に越えているわけである。

しかしこの日の主役は先発のMENDOZAだった。なんと6回1/3までパーフェクトだったのである。というわけで球場は再三の好守巧打で盛り上がりまくっていたのであった。6回終わったあたりで、これはとんでもない試合を見るハメになるのではと期待したが、ついにヒットを打たれた時は、どちらを誉めたものか拍手の嵐であった。

しかしその後2ベースを打たれついに点が入ったところであっさり投手交代したのは驚いた。その時点でKNOBLAUCHとKELLYがそれぞれ効果的な今期1号を放ち7点入っていたのにである。堅い、恐ろしく堅いぞ監督Joe TORRE。というわけで結局7対2でヤンキースが勝ち試合は終了したのであった。しかし今年も強いなあ。低迷していた80年代が嘘のようだ。

ところで「TAKE ME OUT TO THE BALLGAME」は当然だが、テキサスでもここでも「Y.M.C.A.」がかかっていたのでこれも定番なのだろうか?確か5回か6回に一旦グラウンド整備をやるんだがそこでかかってたんだよね。ヤンキースタジアムでは、トンボを抱えたおじさんたちが曲にあわせた振りをしながら整備するんだが、これがまた楽しいのよ。我が国ではヒデキでお馴染みのあの振りも当然します。ただのグラウンド整備もエンターテインメントにしてしまい、それがまたサマになるってのはアメリカならではでしょうなあ。球場に来たからにはどんな時間でも意地でも楽しませるって感じですかね。

というわけで、大満足で再び地下鉄にのり帰路についたのであった。Card(メトロカードとチケットの半券)
ちなみにこっちでは普通にビールが買えたのであった…

« 渡米2 | Main | eXistenZ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 渡米2 | Main | eXistenZ »