« 子連れ狼(富三郎版) | Main | M2M »

May 29, 2000

ハンニバルとイエスの遺伝子

トマス・ハリス「ハンニバル」読む。
言わずと知れた「レッド・ドラゴン」「羊たちの沈黙」のさらなる続編である(レクター3部作ってことになるのか?)。良く知られている事だがこの男、寡作もいいトコで25年間に「ブラック・サンデー」を加えた4本しか執筆していない。それで生活出来てんだから羨ましい限り。
アンソニー・ホプキンスはそのまま出るようだが、原作を読んだジョディー・フォスターがあんまりな内容ってことで降板したためにジュリアン・ムーア(「ロスト・ワールド」でヒロイン面して出てきたくせに、実は諸災難の根源だったヒトです)で映画化するらしい。地味なタイプの人だけに化けてくれないと、じょでーさんと比較されるとキビシそうだ。意外にも年は一つしか違わないんだが…(ムーア61年、フォスター62年)

監督はリドリー・スコットなので原作通りやるならフィレンツェ編は独特のムード満点な絵になりそうだ。
だが、じょでーさんが降りたのもさもありなんというか…非情に悪趣味な描写の連続で、しかも長いので読了するのが大変だった。買ったからには読むが、正直途中でどうでもよくなってしまった。ベストセラーにはなってるようだが、人に薦める気にはなれんなー。上手い事エッセンスだけとりだして映画化すれば良いかもしれんが、そのままやるとグロテスクなだけだろう。

マイクル・コーディ「イエスの遺伝子」読む。

作者はこれがデビュー作だそうだ。洋の東西を問わず、やたらと長い話を書きたがるというのも困ったもんだがこれも文庫では上下巻。

不治の病で余命いくばくも無い娘の命を救うべくイエスの遺伝子の謎を探求するというプロットはなかなか面白い。ネタも一応なるほどと思わせてくれる。
それだけでは話が持たんと思ったか、謎の宗教結社とか謎の暗殺者がからんでスッタモンダをするわけだがこのへんはまあ、あまり趣味には合わないが普通の出来。

読むのは面倒だがネタは知りたいという方はご連絡ください。わ、酷ぇ書き方(笑)。

« 子連れ狼(富三郎版) | Main | M2M »

」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 子連れ狼(富三郎版) | Main | M2M »