« WHITE OUT | Main | 歯医者 »

August 31, 2000

CDの寿命 続き

CDの寿命の話の続き。

でまあCDという存在そのものが別のメディアに駆逐される可能性も無いではないのであまり気にしてもしょうがないという部分はある。個人的にも10年程前にアナログレコードをほぼ全処分したと言う事もあったしなあ。

ただ聴いてもわからないという問題は別にして、「文化の保存」という観点から考えても心情的に非圧縮のメディアに存在していて欲しいという気持ちはある。一応この方面の新規格もあるが主流になるかどうか未知数である。圧縮技術もますます花盛りだしねえ。
この観点から見るとMPEG等の圧縮規格も配布媒体としてならともかくマスターにまでは使って欲しくない。マスターさえ(非圧縮で)しっかり管理されていれば良いとは言えるかも。でも何度も主流メディアで買い直し、てのも嫌だなあ。
※アナログレコードで買ってCDで買って、リマスターされた再発CD買ってとか良く聴く話だ(笑)。

少し話が変わるがメディアの林立が過ぎるというのも、一般ユーザが迷惑するのみならず、学術機関など一部では深刻な問題になっているようで、特にコンピュータ関係はデータが保存できるメディアがやたらと多すぎて、互換性がヒジョーに問題なのだそうである。

これで10年は大丈夫といわれたようなメディアがあっさり滅んでいくのがこの分野だけに重要なデータは時々のメジャーなメディアにコンバートしつづけていかないといざというときに「読めねえ!」といって慌てることになるわけだ。

個人的にもつい最近5インチフロッピーを渡されて、結構スッタモンダをしてしまったしね。

でもコンピュータのデータはまだコピーが楽だから良いよな。ビデオテープとかは大変だもんねえ。見る事が事実上出来なくなったβテープとか全国に何本あるんだろうね。

« WHITE OUT | Main | 歯医者 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« WHITE OUT | Main | 歯医者 »