« 歯医者 | Main | 黒い家 »

September 05, 2000

JAWS

そういえば2000円札も新500円玉も見たことがない今日この頃。

スピルバーグの最高傑作と信じて疑わない「JAWS」をDVDにて見た。
ところが字幕に一つ大不満。
ブロディ署長のセリフ「smile you son of a xxxxx」これは劇場では文字通り「笑え畜生」と訳されていてこれ自体はなにもひねる必要はないセリフであるが、これがまあ実にカタルシスを呼んだものだった。
DVDではなぜか「死ね化物」と意味不明な訳になっていて、ひねる必要も無いのにひねった?あげく何の味もヘッタクレもないセリフになってた。英語が分からなくても知ってさえいれば、頭の中では訳せるレベルの英語ではあるが、実際に日本語の文字としてあらわれてくるかこないかって結構重要だなーと思ったわけで。

なんだか釈然としないものがあるが、あのセリフはやはり「笑え畜生」ですよ。誤訳のしようも無いはずの短いセリフで変な仕事しないでくれよなーまったく…

09/10 追記
オマケ映像はなんだかんだで充実しているほうだと思うけど、一番大変だったのはスチール集である。膨大な量のスチールが収められているのだが、ひたすら送って見るだけで1時間以上かかったような気がする(途中で寝ちまったよ(笑))。全体で何枚あるかも分からないので途中で苦行ぢみてきたね、こりゃ。メニューに工夫の余地ありだぜえ。

« 歯医者 | Main | 黒い家 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 歯医者 | Main | 黒い家 »