« NYサブウェイシリーズ閉幕 | Main | 金メダル »

October 28, 2000

Jerry Goldsmith 日本公演

昨日は野球の話だったが、実は10/27の本題はジェリー・ゴールドスミス来日公演である。29年生まれのヴェテラン映画音楽作曲家だが、2年前の初来日公演で作品同様のパワフルかつ颯爽とした姿に感心し、これはまだまだ大丈夫だなどと思ったものだが、なんと再来日公演が実現したわけである。

そうはいってもロックバンドじゃないんで、単身来日し神奈川フィルを指揮してのコンサートである。ところはすみだトリフォニーホール。
パイプオルガンが設置されていたりするあたりからみてオケ用にきちんと設計されたホールと見た。つーか資料を読んだら新日本フィルをフランチャイズ(日本初のフランチャイズ制だそうだ)として3年前につくられたばかりだそうである。

先に全演奏曲目が発表されているというのはやはりオケということでクラシック系な感じがする。ROCK/POP系ではセットリストは行ってみないとわからんものね。
初来日時はファン人気も上位と信じて疑わない、俺的2大名曲「カプリコン1」、「トータル・リコール」が聴けずその意味では残念だったが今回は2曲ともラインナップされているとなれば万難を排してでも行かねばなるまい…
ちなみに今回SS席\7000は特製CDがもらえるとあってなかなかお得であった。当然SS確保である。

曲によって結構ノリが違うのはどのコンサートでも同じだが、やはり出来がよい時は拍手も大きい。期待の2曲は出来は普通だったのが残念。「カプリコン1」はもっと破綻寸前の暴虐的な音を出して欲しかった。でもあのオスティナートを生で聴けただけで満足だけど。
アンコールは予定の「TOTAL RECALL」に加えて、演目中で出来が良かったためか予定かわからぬが、「スーパーガール」を再度演奏して終了。

オケというものも実際に見てみるとなかなか動きがあるもので、面白いものである。
CDなどの音だけだとなんだか色々鳴ってるなあとか思うだけかもしれないが、実物を見ると個々のパートに注目できるので編曲の妙などが視覚的に楽しめるというわけだ。譜面をめくるタイミングとかもあるからあれはあれで編曲/譜面にも技術が必要だわなー。

« NYサブウェイシリーズ閉幕 | Main | 金メダル »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« NYサブウェイシリーズ閉幕 | Main | 金メダル »