« チャーリーズ・エンジェル | Main | Jeff Beck in TOKYO »

November 27, 2000

スペース・カウボーイ

さて次はオヤジである。
クリント・イーストウッド、T・L・ジョーンズにジェームズ・ガーナーとドナルド・サザーランドの親父4人組が何故か旧ソ連の人工衛星を修理に行くと言うお話。
実年齢ではジョーンズだけ明らかに若いのは何か妙だ。

イーストウッド初のSF映画だそうだが、SFといってもスペースシャトルが出てくる程度だから、個人的には今やNASAモノと言うジャンルではないかしらん(よー考えてみるとスゴイ世の中だ)…なんてことはまあどうでも良いのだが、イーストウッドはいつものイーストウッドである。
この人は「スター」なのでどの映画でもキャラクターは同じ(笑)。監督も兼任なので結構気合が入ってるかもしれん。
冒頭モノクロ映像でまさに「ライトスタッフ」をやってるのだが、ここだけでもうオッケーって感じですな。とにかく宇宙に飛び立つまでは大変面白い。イーストウッドは監督としての方が器用な感じがしますな。で、すったもんだで宇宙に行くわけですが…ここからがちょっとね。

やはりそういう話になったかあ…みたいなところがねぇ。ま、あまり好みじゃない展開になったのと、とにかく後半やたらとドタバタとして長い映画の割に未整理な感じなんだよね。
ラストシーンへの道筋をセリフだけで処理(これにはズッコケタぞ!)してしまったのが致命的。思うにこれは主役が二人いた事で、見せ場をそれぞれに用意しなければならないにもかかわらず、最終的にはやはりイーストウッドの映画である、ということが上手く行かなかった原因だろうなあ…

主役の見せ場を反対にすればワタクシ的にはもっと納得できるような気はするんだが…そうできなかったという事か。でも繰り返しになりますが前半はかなり面白いです。

« チャーリーズ・エンジェル | Main | Jeff Beck in TOKYO »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« チャーリーズ・エンジェル | Main | Jeff Beck in TOKYO »