« November 2000 | Main | January 2001 »

December 2000

December 28, 2000

エクソシスト ディレクターズ・カット版

私はキリスト者ではないので世紀という区切りも本質的には無関係と言えなくも無いが、ある意味世紀末に相応しい作品かもしれないとか、もしかしたら劇場で見る今世紀最後になるかもしれないなーなどと思いつつ(長えよ)
「エクソシスト ディレクターズ・カット版」見る。
一度TV放送を見ているが、なんせ20年近く前の事なので殆ど覚えていない(たぶん相当カットもされていただろう)。今回は15分ほど長くなっているらしくトータル132分だそうである。
一番変わっているのはいわゆる「スパイダー・ウォーク」が挿入されている点だが、これはなんだかなー。そもそも撮影した意図がよくわからんので入れないほうがやはり良いとは思います。意味不明なんで、これは見なかった事にするほうが映画の為でしょう。
その他どうでも言い類の小細工としてサブリミナルカットが挿入されているがこれは下らん。
その代わりと言っては何だが、音響効果はたぶん初回公開より遥かに良くなっているハズなので差し引きゼロってとこですかね。無理やりなサラウンド化ではなく相当丁寧な仕事ぶり。

今見ても充分面白いが、もはや古典の域まで達した感もある故やはり今の映画とは違うとも言える訳で、かえって最近の観客にこそある意味新鮮かもしれないっすね。見世物としてのコケ脅し度が初公開当時はともかく今となってはクラシックすぎる一方、映画の構造のみがより味わい深くなっているような点がね。(それ故にこそ古典化したともいえるのだろうが)しかし意外だったのは意識の中でオカルト超大作と思い込んでいたのだが、再見するとこう言ってはなんだがそれほどには予算掛かって無い(場所も人物もわりと限定されてるし)感じなんだよね。対予算と言うことでは相当稼いだでしょうなあ(笑)。
なにしろこれ言ってしまえばホームドラマ(グレた娘が更生するまでの話とゆーのわ下世話に過ぎるが(爆)、難病物のバリエーションとは言えるか)なんで、結構小さい話なのよね~。別に世界の終わりが来るわけで無し(笑)。
アップを多用するならこう使え!という不安感をあおる画面とか、淡々とした展開とかドキュメンタリータッチと表される演出は効果的ですが。
※病院で検査するシーンのリアルさが嫌だな~(笑)。
ちなみに今回ディレクターズ・カット(監督ウィリアム・フリードキン)とされていますが、真のディレクターズ・カットは実は初公開版だというのが普通と違いますね。どちらかと言うと今回のは原作/脚本/製作のウィリアム・ピーター・ブラッティの意図の方が強いようで、プロデューサーズ・カットって感じでしょうか。
映画は誰のものか?という話になると非常に長くなるんですが、監督のものだけでは無いハズなのでこれも一つの解釈でしょうな。どちらが良いかは観客が決めれば良いことだ。

December 23, 2000

バトル・ロワイアル

ホントに今年は割合からいって邦画を良く見たなあ。で、また邦画。
もちろん「ゴジラ」(今回、意外に評判良いらしい…)でわなくて(笑)、
「バトル・ロワイアル」見る。客入ってます。

もし原作を読んでいなければ、傑作とふれ回った可能性あり。
読んでいたので、深作(親子)バイアスがかなり掛かっていたりすることが良くわかるので、ちょっぴり冷静になったりするわけだが。原作の方がやっぱり俺好みなので。
原作小説はおそらく出てそんなにたってない頃に読んでいるはずだが、これはかなり面白かったんですね。夜に読み始めたら朝2:30ぐらいになってしまい、これはイカン!ととりあえず寝て、通勤電車の中で続きを読み、残り40頁ぐらいになって駅についたものの「ここまで来てこのまま仕事なんか出来ねえ!」とばかりに、マクドナルドでコーヒー一杯頼んで最後まで読んでから出社した…という事がありましてな…はっはっは。(そのまま行ってりゃ定時についたんだけどね。フレックス制なんで厳密な解釈はさておき(笑)10分遅れぐらいなら問題ナシと)
原作はむしろ読後サワヤカなジュヴナイルだったんですが、映像にしますとやはり結構強烈(つーか深作ノリノリ)だの。全編貫く異様なハイテンションぶりは見事。

※興味深い事実だが、原作者の高見広春はこの物語を書く際に別に中学生の話でなくても良いと思っていたのだと言う。だが原作の魅力はまさに中学生が題材となったればこその物であり、その意味では生み出されるべき作品が作者に憑依したかのような印象(失礼ながら文章自体はそれほど上手くない(笑)点もまた、作品が作者を選んだような…)すら受ける。とにかく映像化としてはかなり成功した部類ではないかと思いますね。2時間で40人ほど始末しないといけないんでかなりイソガシー(エピソード的には充分倍の尺分はあるんですが、120分を切るというあたりは潔さが◎である)ですけど。
で、中学生が見ることままならなくなった中学生の(為の)映画になった、と。(この辺の議論はあえて自分の中では距離おいて記事とかも読んで無いんですが。この問題は書き出すとキリが無いのでねえ)
ところでぢつは深作欣二つーても、正直それほど良いイメージなくてさあ(笑)、あんまり見てないんだよな。その昔にみた「魔界転生」はまだマシな方で「宇宙からのメッセージ」とか「復活の日」とかもうトホホですからね(全部TVで見た)。「必殺仕掛人」の初回を再放送で見てようやく見直したぐらいのモンで。
今回は凄いっすよ色んな意味で。年の事は言いたかないけど、70歳が撮ったシャシンじゃない(黒澤の晩年を思い出せ!)ね、これは。誰かこの暴走老人を何とかしろ!って感じでスバラシー暴れっぷり。なおかつ時々大林宣彦が憑依したんぢゃないかとゆー感じもスンナリ見れたな。あとは深作(親子)バイアスをどの程度許容するかでしょう。アタシは9割はOK(それぞれの賛否はまた別として)でしたが。1割が?て感じかな。でも、こういう邦画だからこそ生まれた映画は是非とも海外でも公開していただきたいですね(でも良識あふれる議員サンとかはわが国の恥を輸出すべからずとか言うんだろうなあ)。

あと、たけしサンはやりすぎです。このロリコンがぁ!(笑)
というわけで中学生の皆さんはがんばって劇場にもぐりこんでくださいネ。

補足:音楽(天野正道)は今一つでしたねー。戦闘シーンとかで血沸き肉踊る系のスコアが流れたりするんだけど、映画のテーマ的に合わないと思うのだなあ…コンセプトにやや疑問。

December 12, 2000

METS入団

いやはや新庄METS入りにはさすがにタマゲタ。
この男、何考えてるのかさっぱりわからんかったが、うーむ。なんだか複雑な心境である。

イチローですら通用するかどうかの世界と言われていたところに、(素材は別としても)せいぜい超2流の実績しか無い新庄とは…何となく暗黙の了解?として次の日本人野手(しかも初のパワーヒッターとして)はかねてメジャーへの憧れを公言している松井(Gのね)あたりにその資格がありそうだぞ…と思っていただけにね。いや、別に新庄ファンでもなんでもないので何だが、とりあえず「おまえ、そりゃ違うだろ!」とツッコミの一つも入れておきたいところである。だって「夢」とかってな~んか唐突でうそ臭いぢゃん(偏見か?)。

想像だがFAになったは良いが、自分でも何だか煮え切らない感じでいたところに、METSサイドからのアプローチに「その手もあるな」とばかりにノったんではないかしらん。

「大リーグ」に対する気持ちはかつてのどの選手よりも感じられないもんねえ。(てゆーか、あんまり野球そのものにも興味無さげな感じが、ある意味では凄いっすねこの人)
でもまあ、それだけメジャーが身近になったって事なのは事実ですね。70試合ぐらいで.210~220ぐらいと予想しておこうかな。でも案外、水が合いまくって「大化け」する可能性もあるけど。
イチローは最低でも120試合で.310~320はいけるんではないかと…

December 03, 2000

Jeff Beck in TOKYO

12/02 JEFF BECK 東京公演を見に行く。
場所は東京国際フォーラムという事で、1999年のツアーと同じハコでの再見となった。 ちなみにバンドメンバーも全く同じ。 セットリストは当然新譜中心だ。 アルバムで聴くと大したことねえなぁ…と言う感じの楽曲でも生で聴くと鳥肌モノになってしまうのは今回も同じ。やはり凄(ズル)い、凄(ズル)すぎる(笑)。

アルバムだけ聴いて、「言うほど大したことネエぢゃん」てなもんでライブを見逃すと真の凄さは分からぬままぢゃろうの。 前回のツアーでは一度だけギターを持ち替えたと記憶にあるが、今回は最後までストラト一本だけという潔さ。 さすがにメンバーが同じだけあってまとまりは断然今回の方が良かったようだ。Jennifer姉さんは今回は前回以上にバックに徹していて、もちっと見せ場があっても良いような気はしたな。
やっぱこの人の場合、問題は楽曲だよな。もちネタが多いCLAPTONや、何を演奏してもOKなPAGE=ZEPと比べるのは酷だけど。(そういえば金欠で見送っていたBLACK CROWS/PAGEのツアーは病気療養のためキャンセルになったんだってねえ…こりゃツアー再開の暁には見に行けというお告げか?)

どうでも良いんですが、某誌のインタビュウで「どうやって暮らしてたんですか?」という質問に「俺は無駄遣いしないし、ちゃんと投資もしてるからな」というのには笑った。

※12/28追記:バンドは同じだと思い込んでいたのだが、どうやらドラムは前回と違ったらしい…ははは。良いんだよ別にTerry Bozzioとかが来たってわけぢゃねーんだからサ(開き直り(笑))。

« November 2000 | Main | January 2001 »