« 風邪 | Main | ベーシスト »

February 25, 2001

Bob Dylan


誰がなんと言ってもDylanである。

前回の(前々回は興味を持つ直前だったかも)来日は自分の中で何をトチ狂ったか行かなかったので、もう見れないかも…と思っていただけに久しぶりのジャパンツアーは感慨もひとしおである。ちなみにまだNever Ending Tourだそうで、ひょっとして死ぬまで続けるつもりか?!
今回のツアーは回数が多い上に、しかもセットリストが日によってかなり異なるとの話もあるので多く見たい気持ちはあっても、懐がそれを許さない。しかしそもそもどんなセットリストで来るのかが見当もつかない。
もちろん「Like A Rolling Stone」は聴きたいが、なにが起こるかわからんので油断がならない…

そんなこんなで大宮まで行って来た。今日は風もあり非常に寒かったにもかかわらず外でしばらくまたされ、風邪も完治してないしテンション下がりまくり。そもそも18:00スタートで17:30開場ってどーゆーことやねん。17:00でいーだろー。

しかし結果からいえばDylanは凄かった。伊達にRockを40年背負ってないぜ。
愛想の無いことではJeff Beckと双璧…いや以上という感じがしましたなあ。そんなわけで機嫌が良いのか悪いのかもさっぱりわかんないんですけど(笑)。芸風なのか年(もうすぐ60歳だ)なのかステージアクションは殆どありませんが、声だけは全く衰えてない。

ちなみにDylanはスタジオの再現というタイプのライブとは無縁という事は伝え聞いていたが、その通りでしたね。なにせアレンジは勿論、メロディもフェイクしまくるので一緒に唄うとかいうことはほぼ不可能であります(笑)。

バンドはDylan含めギター3本+ベース+ドラムだが、見た目息子くらいに見えるギター2人がテクよりは味系で良かったねえ。
結局ほぼ2時間、終わってみりゃ少しレイドバックした感じで始まった「Like …」も「All Along The Watchtower」(もちエレクトリックバージョン!)もアリの、果ては「Blow In The Wind」で締めと盛りだくさんでしたなあ…。いやもう感動しましたですハイ。少し泣きはいりました。うるうる。

ちなみに感極まったのか最後ステージに飛び上がったオヤジがいたけど、あんなの初めて見たよ(笑)。客層の幅広さも老若男女、さすがにオールレンジやね。

« 風邪 | Main | ベーシスト »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 風邪 | Main | ベーシスト »