« とにかく | Main | 冬到来 »

December 01, 2001

BGM…LIVE IN JAPAN / GEORGE HARRISON WITH ERIC CLAPTON AND HIS BAND

つまりそれは1991年12月某日の東京ドームであるのだが。
正直言って、当時は自分がその場に居たことの重大性を理解していたとは言えない訳だ。
とはいえそれもまた今だから分かることである。しかしそこに居たと言う事実もまた事実であり、もはやそれは二度とありえない事になってしまったので、行っといて良かったと言うべきか。しかしそういう安堵は違うだろうという言い方がやはり正しいのか。

昨年の暮れ辺りからどうにもあまり良い話は聞こえてこなかったし、最近の一連の報道を見ればその日は近いのかもしれないとも思っていたので、それほど驚いたわけではないが。
思うのは盟友たるEric Claptonが今まさに最後と言われるジャパンツアー中と言うことである。
丁度10年前は2人して来日中だった、というこれもめぐり合わせと言うものか。
今回のツアーは実はチケをおさえていないので(だってこんな事になるとは思わんでよ!)わからないが、この後のテンション、セットリストに影響があるやも知れぬ。

だがさらなる重大性が高まったこのツアーが続くならばいよいよもってギターが泣きまくるであろう事は間違いあるまい。参加者は心して聴け!
BGM…LIVE IN JAPAN / GEORGE HARRISON WITH ERIC CLAPTON AND HIS BAND

« とにかく | Main | 冬到来 »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« とにかく | Main | 冬到来 »