« March 2002 | Main | May 2002 »

April 2002

April 20, 2002

NATURAL

どうやら人類は月には行ってないけど、火星には行っているらしいです。
こりゃどっちが本当なんでしょう?←質問になってねーぢゃん(笑)。

NASDAの陰謀(笑)てな話は置いといて。

「ナチュラル」

おそらく「フィールド・オブ・ドリームス」よりは遥かにマイナーな映画(84年)だが、どうやら同時にDVD化されたらしく早速入手した。(実はLDも持っていたりする)
映画だと良く分からなくなってますが、実は原作はシューレス・ジョーをモチーフにしているところが何気に共通項。 監督バリー・レビンソンの出世作であり(たぶん)最高傑作。

まあ物語は架空の弱小球団ニューヨーク・ナイツが36歳のロートルルーキーの出現により優勝争いを演じ最後は優勝決定戦へ、という野球映画なんだから他にヒネリようもないっちゃあそのとおりのベッタベタな展開なんですが、にもかかわらず劇場で見たときはドギモを抜かれたのです。
で、久しぶりに見てもやはり良い、つーか前よりもっと良い。 昔見たときはストーリーがイマイチ理解できないところもあったのだが、今見るとそうでもない、というのは我輩も人生経験を多少は重ねているからなのだが、野球映画であるのはもちろん、実は人生についての寓話であったりする。
そういう意味でも野球、あるいはスポーツの持つある種の神話性のようなものをこれほど見事に明確に映像化した作品は他に知らない。

派手な映像的仕掛け(いわゆる特撮ではないところが凄い)に目を奪われがちだが、一番好きなシーンはラストゲームでのバットボーイからバットを渡される(何気に張られた伏線が見事に生きる)シーン。伝説の誕生の幕開け(架空だけど)をまだその時点では知らずに記録するカメラのフラッシュ!というシチュエーションはゾクゾクするし、また泣けるんだこれが…。
主演はロバート・レッドフォード。キャリアの中で必ずしも代表作ではなかろうが当時既に40代後半でありながら36歳のルーキーを違和感無く演じている。あまつさえ冒頭では20歳も演じてみたり…ってことはグレン・クローズ(当時30代後半)はティーン役かよ! それはさておき全体に渋めの役者陣もなかなかで、音楽のランディ・ニューマンも良い仕事。

なにはともあれベースボォル、さらに映画好きなら必見の作と断言しよう!。
ちなみに36歳というのは舞台となる戦前のメジャーリーグで言えば、+10歳は言い過ぎにしても引退する頃合ぐらいか。メッツの小宮山なんてのが誕生する時代とは違うのだよ。思えば江夏が挑戦したのも小宮山ぐらいの時だったわけで、それでも隔世の感がある…

DVDにつきものの特典映像が大変変わっていて、メイキングとか言いながら実際はほとんどリプケン Jr.のインタビューだったりする。ある意味貴重な映像だ。(でも映画にしか興味ない人にはどうなんだろう?)

April 14, 2002

Dream Theater in Japan

昨日13日、久しぶりのライブ(Dylan以来だよ、貧乏暇なしって嫌だなあ)を見に行った。渋谷公会堂、ニュウアルバムの記憶も新しいDREAM THEATERの来日である。
今まで数十本のライブを見ているが、アンコールで観客が根負けしたケースというのは初めてである。
なにしろ17:00にスタートしてライブ終了がなんと20:20ごろ。途中休憩を挟んでの2部構成だが、約3時間のライブ中結局終始スタンディングだもんね。
アンコールに入ってからがまた長い!METALLICAのカヴァーなんぞをやりつつ実に熱心というかサービス精神旺盛というか、流石に見ているほうもこれで終わりだろうと思っていると、さらに続くといった按配。
ライブ終了時には観客もやっと終わった~という安堵感/疲労感のほうが大勢を占めていたように思う(笑)。

さて今回久しぶりに足を運んだのはひとえに新作のDISC2を全曲やる筈だからであり、実際それは第2部全編にて行われたのだが、一番のお楽しみであったOVERTUREの再現は…なンとテープ!
まあいかにJordan Rudessとはいえライブでの再現は不可能という事なのだろうが、かなり残念。できる範囲はどこまでかとゆーのを見てみたかったのだが…てかテープ演奏を皆でスタンディングで数分聴いているってのも相当マヌケな絵面だったしねえ。
まあ総合的にはライブで聴いてもDISC1分の新曲はまああんなもんかで、やっぱしDISC2分は圧倒的に良かったということで。現時点では新鮮さがある分名盤「IMAGES AND WORDS」を凌ぐね、俺的に。
それにしても音は激悪だったねえ。1階の正面最後方のあたりだったのだが反響しすぎた音の塊としか認識できず。耳もおかしくなるしね(一日たった今もなんとなくヘン)。

April 10, 2002

トロイの木馬

CATVにしてまずまずのスピードなのは良いのだが、3日に1度ぐらいはトロイの木馬の攻撃を喰らうようになってしまった。
セキュリティ面では明らかに弱点を抱えているようで気分悪い。

April 04, 2002

ジョン・レノン・ミュージアム

先月17日にムネオどころぢゃねーだろ!と書いてからずいぶん経ったようなそうでもないような。
相変わらず攻守交替傾向が続いて、ムネオ攻撃に活き活きしていたツジモトさんもあれよあれよで失速。ドサクサ紛れにカトーにマキコにドイらなんやら、ワイドショー的にはネタが尽きないのにはほとほと感心する次第。
政策論議は進んでるんですか~?
なんてことはまあどうでもヨイのであるが(いや、本当は良くないんだが)、先日の休みに急遽思い立ち、かねてより一度は行かねばなあと思っていたジョン・レノン・ミュージアムにドライブを兼ねて行ってきた。
間に合うかどうか微妙だったのだが、結果的には出たのが遅い&わりと出鱈目に走っていたわりにはまあそれなりの時刻に到着した。
開館から大分経ってるのにも関わらず、意外と言ってはなんだが思っていたよりは客も入っていて、かつて夢中だったんだろうなアと思しきン十年前は少女だった方々が来てたりする(笑)。母娘づれとかもいたかも。
展示はマニア筋垂涎のなんでこんなモンが残ってるんだ?みたいな貴重な品々が並んでいて結構驚く。(イギリス人気質って関係あるんかなあ…とか思ったり)
というかミュージアムのコンセプトも思っていたより真面目な作りで、実は結構好印象だったりしたのである。
御用とお急ぎでない方で多少なりとも興味のある人には十分お勧めできるので、スーパーアリーナに行くついでに立ち寄るのは悪くないと思いますですよ。
なんで埼玉なのだろう?という疑問は残るのであるが、縁の地とか言って軽井沢とかに作られるよりは結果的に近くて良いんだけどさ(笑)
今回は極めて穏便なネタだ。ヨシヨシ。

April 01, 2002

CATV

結局ネットはCATVに移行。
ベストエフォートなので過大な期待はしてなかったが、2Mを下回ることは無い模様。変動が激しい感じはあるが、ADSL8Mよりは納得できる結果かの。
ちょっと高いけど。

« March 2002 | Main | May 2002 »