« November 2002 | Main | January 2003 »

December 2002

December 31, 2002

マイノリティリポート

誤解の無いように書いておきますが、私はスピルバーグと言う映画監督を非常に高く評価しております。確かに駄作もあるが、当たり外れがあるのは当たり前。ちなみに最高傑作は掛け値なしで「ジョーズ」ね。

何はともあれ若手だった頃ならいざしらず(盟友ルーカスの隠遁ぶりと比較するまでも無く)、多くの巨匠が映画を撮らなくなったり撮れなくなったりする中、毎年のように新作を撮りつづける映画バカぶりには素直に敬服する次第。
それに基本的な上手さはあるしねえ。

しかしその上手さが時にジャマだったりするので観客というのは勝手なものである。

とまあ長い前振りですが「マイノリティリポート」見る。
予告編見てる程度なら大丈夫な感じで。

前作「A.I.」は未見の為なんとも言えないが、素材がスピルバーグ向きで無いという予感的中。

素材の要求しているクールさとミスマッチなのだな。スピルバーグ自身はクールさを出そうとしているんだけど、クールの申し子のようなキューブリックとかクローネンバーグには到底敵わんな。天の視点になりきれないというか。
そこは音楽も同じ。こういうのは暑苦しいウィリアムス節よりはゴールドスミスの方が得意だろうなあ。

顕著なのが、見せ場の一つである主人公の逃走シーケンス。 ここでは如何にもスピルバーグらしい活劇が展開するわけだが、実は映画全体からすると不要と言っても良いバランスの悪さ。手馴れた感があるだけに余計に浮く。ここばっさり削って2時間にしてほしいぐらい。
ちなみにこの手の映画にはありがちな展開ですが、いくら濡れ衣?と言っても巻き添えの死者が出ないのが不思議な派手なアクションは主人公の正当性=感情移入を妨げるように思うのだがどうなんスかね(もちろんお約束でそう言う事は無い事になってるのだろうが)。ましてや素材がシリアスを要求しているだけに、インディ・ジョーンズ的ノリでは駄目だと思うのだが。

ディック原作だと「トータル・リコール」というのがありましたが、あそこまで突き抜けると良くも悪くも凄いんですが、バーホーベンのように弾けられるハズも無し(笑)。

December 16, 2002

PFM

ライブ日勘違いにより行けなかったPFMライブですが、何と「RIVER OF LIFE」を披露していたんだと!ギョエー!
しかしそんな阿呆な私のために来年CDとDVDが出るそうです。これは入手せねばなるまいまい。

December 11, 2002

TOTO

東京は今冬の初雪を記録したその日(12/09)、最早ベテラン中のベテランの域に達したTOTOの25周年ツアーを見てきた。

解散こそ一度も無いものの紆余曲折の多いバンドだが、最大の危機はなんと言ってもバンド創設者にして精神的支柱、我国でも絶大なる人気を誇ったドラマーJeff Porcaroの急死であったろうことは言うまでも無い。 結局は追悼ツアーで代打を務めたSimon Phillipsが意外にも(バンドに入ることはあまり興味が無いような事を言っていた気がしていたので)正式メンバーとして加入した訳だが、思えばそこからも既に10年ほどは経っているわけである。 前回のツアーはスルーしたのだが、今回は25周年記念ツアーと言う事で何となく行く気になったのである。

会場は東京国際フォーラム。ここは反響が余り無く音が割とよいので好きな会場だ。
ライブが始まるまで気にも留めていなかったのだが、初代ヴォーカリストのBobby Kimballが復帰しているわけで当然初期のナンバーをオリジナルヴォーカリストで聴けるわけだ。 ルックスやステージングには華があるタイプではないが、声は全然変わらないのが凄い。ソウルフルなハイトーンが良く出ていた。初期のナンバーはどれも「本物だ~」という感じ。 ※実は前回のツアーではKimballの出番は余り多くなかった(しかも状態も悪かった)らしいのだが、今回は持ち歌では堂々としたもんだった。
選曲も文句なしで個人的に聴きたい曲はほぼ演奏。
カヴァー中心かと思いきやそうではなかった。故人に敬意を表してかSteely DanやらGeorge Harrisonはありましたが。 あと意識してか合間合間にZepやWhoのフレーズをいれる遊びは結構あった。

ニューアルバムがそれほど売れているとは思えないので意外といっては何だが、実は今回のツアーは何気にSold Out & 追加公演もあったりしているように、非常に盛り上がった良いライブだった。
観客のノリも良かったし。バンドの状態も良い感じ。

ところでLukatherのギターソロコーナーではラストをRoundabout(無論Yesの代表曲)のフレーズで締めたのだが、これに異様に反応する観客が可笑しかった。
やはりTOTOとプログレリスナーがかなり交差しているものと思われる(爆)。
実際同時代のJourneyなんかに比べても楽曲構成のフュージョン的キメや、意外にトリッキーなリズム、無意味に(笑)壮大なアレンジなどはなかなかどうして産業プログレとして優秀だもんね。

« November 2002 | Main | January 2003 »