« あきれた訴訟 | Main | PFM »

December 11, 2002

TOTO

東京は今冬の初雪を記録したその日(12/09)、最早ベテラン中のベテランの域に達したTOTOの25周年ツアーを見てきた。

解散こそ一度も無いものの紆余曲折の多いバンドだが、最大の危機はなんと言ってもバンド創設者にして精神的支柱、我国でも絶大なる人気を誇ったドラマーJeff Porcaroの急死であったろうことは言うまでも無い。 結局は追悼ツアーで代打を務めたSimon Phillipsが意外にも(バンドに入ることはあまり興味が無いような事を言っていた気がしていたので)正式メンバーとして加入した訳だが、思えばそこからも既に10年ほどは経っているわけである。 前回のツアーはスルーしたのだが、今回は25周年記念ツアーと言う事で何となく行く気になったのである。

会場は東京国際フォーラム。ここは反響が余り無く音が割とよいので好きな会場だ。
ライブが始まるまで気にも留めていなかったのだが、初代ヴォーカリストのBobby Kimballが復帰しているわけで当然初期のナンバーをオリジナルヴォーカリストで聴けるわけだ。 ルックスやステージングには華があるタイプではないが、声は全然変わらないのが凄い。ソウルフルなハイトーンが良く出ていた。初期のナンバーはどれも「本物だ~」という感じ。 ※実は前回のツアーではKimballの出番は余り多くなかった(しかも状態も悪かった)らしいのだが、今回は持ち歌では堂々としたもんだった。
選曲も文句なしで個人的に聴きたい曲はほぼ演奏。
カヴァー中心かと思いきやそうではなかった。故人に敬意を表してかSteely DanやらGeorge Harrisonはありましたが。 あと意識してか合間合間にZepやWhoのフレーズをいれる遊びは結構あった。

ニューアルバムがそれほど売れているとは思えないので意外といっては何だが、実は今回のツアーは何気にSold Out & 追加公演もあったりしているように、非常に盛り上がった良いライブだった。
観客のノリも良かったし。バンドの状態も良い感じ。

ところでLukatherのギターソロコーナーではラストをRoundabout(無論Yesの代表曲)のフレーズで締めたのだが、これに異様に反応する観客が可笑しかった。
やはりTOTOとプログレリスナーがかなり交差しているものと思われる(爆)。
実際同時代のJourneyなんかに比べても楽曲構成のフュージョン的キメや、意外にトリッキーなリズム、無意味に(笑)壮大なアレンジなどはなかなかどうして産業プログレとして優秀だもんね。

« あきれた訴訟 | Main | PFM »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« あきれた訴訟 | Main | PFM »