« STUPID WHITE MEN | Main | Rolling Stones in TOKYO DOME »

March 13, 2003

Jerry Goldsmith 2003

本来であれば2年ぶりの来日となるはずであったジェリー・ゴールドスミス来日公演であるが、病気のため昨年末に一旦延期となり、結局延期後もドクターストップがかかってしまい、代役にチャールズ・フォックスを立てての公演となった。
ところは横浜みなとみらいホールである。
オケはもちろん神奈川フィル。前回・前々回とゴールドスミス自らのタクトを経験しているので思ったのだが、曲そのものの表情がそれほど極端に変わるものでもないにせよ、演者のカリスマ性というのも盛り上がる要素としては重要だよなあと思った次第。 3度目となる今回はいろいろ趣向が凝らされていたこともあり、演奏そのものは神奈川フィルのこなれ方もあって過去ベストの出来と感じただけにねえ。

今回目玉はなんつってもノミネートは常連ながら唯一のアカデミー賞作品でも有る、100名体制の合唱団を導入しての「オーメン組曲」。これはさすがに迫力があった。 これをコンサートで聴けるのは、そうはありそうにない。 ちなみにアンコールで「STAR TREK the motion picture」を演ったのだが、チャールズ・フォックスは「STAR WARS the motion picture」と言い間違えていた(笑)。
曲目的には「カプリコン1」、「トータル・リコール」、「スーパーガール」と揃い踏みの前回の方が俺的には充実しまくりだったが、何にせよ御大には体調を整えていただき是非とも早期の再来日を実現していただきたいものだ。 毎回曲目はあまり被らないので、今度は「カサンドラ・クロス」とかも聴きてえなぁ。

« STUPID WHITE MEN | Main | Rolling Stones in TOKYO DOME »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« STUPID WHITE MEN | Main | Rolling Stones in TOKYO DOME »