« 模様替え | Main | 続・銀行 »

July 29, 2003

夏映画

夏映画総ざらえっぽく。
そんなにネタは割ってませんが一応気を使ってみたり。

「T3」
企画だけはあがり続けた続編がいささか時期ハズレな感はありつつも完成した。
最近はかえって新鮮な感じもする超重量級アクションがなかなか小気味良い出来。話の方は毎度ご丁寧に時間軸に沿ってターミネーターを送り込まなくてもいーでは無いか!とか言い出すとアレなんですがラストの割と身も蓋も無い展開はむしろ1作目の精神に近いと思われ、実は大ヒットした2作目をさほど評価していない我輩には面白かったりするのであった。

しかし予告編からいささか気になっていたのは演技陣が揃いも揃って華が無い事(新型ターミネーター含め)だったが、見たらばやっぱり華がなかったのでこの辺は弱点と言っても良いでしょうなァ。

「踊る大捜査線」
おそらくこの夏最大のヒットを飛ばすと読んでいるのだがどうなるやら。
前作と何が違うかつーたら、前回のバカ当りによってやや大げさに言えば本作の位置付けが幅広いイベント映画の領域にまで達した事ですかね。ファンムーヴィーと一言でいうのは易しいが、裾野が広がりすぎてもはや適当な言い回しと言えるかどうか。
偶然とは言えTVシリーズの初回からオンタイムで付き合っているので、ファン的立ち位置では十分楽しませてもらった。
確かに特に主人公たる青島の言動/行動に疑問符が目立ったのはどうかと思うが、馴染みの面々が右往左往しているのを見ているだけでも面白いと言えば面白い。特に新城と室井の関係もいつの間にやら阿吽の関係になっているのが楽しいですな。ジョン・ウーだったら室内なのに風が舞いそうな雰囲気っつーんですか?
既に刑事ドラマ史的には「踊る」以前、以後というラインが存在するほどに警察組織を割とリアルに?描いてきた本作だが、今回はいわゆるドラマとしてのファンタジーにより一歩踏み込んだ形になっているのでこれにて完結か。
こちらも犯人役に華が無さ過ぎなのが残念。ここはもう少し名のある配役にしたほうが豪華さが出たろうにな。

追記:03/08/03
CSにてドラマの再放送があったのを散見したのだが、既に最終話でかなりやりたい放題やって完結してましたな。いやーかなり忘れてたよ。しかしまあ毎度同じパターンという訳にも行かないから打ち止め感というのは変わらないですが。
そういう意味では映画版自体がテーマ的には限りなくオマケに近いのかも。

こんなの作ってみたり。
タイトル 期待度 結果
CA 微妙 ある意味満点。1作目と同じで普通の意味で映画と思ってはいけない。ツッコミは野暮ってもの。
BR2 微妙 映画としては破綻しとるし出来は悪いが、見る価値が無いわけではない
MR 素直に期待してた EpisodeVよりは落ちるが、EpisodeIIよりは良い。(どーゆー比較じゃ)
T3 絶対つまんねーと確信してた 意外と面白かった
踊2 つまんねー事はないだろうと まずまず。

« 模様替え | Main | 続・銀行 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 模様替え | Main | 続・銀行 »