« TRON | Main | ボウリング・フォー・コロンバイン バトルロワイアルII »

July 01, 2003

チャーリーズ・エンジェル フルスロットル

やたらとエロいにもかかわらずオシャレでもあるという一点だけを取り出しても男女問わず楽しめそうな史上最強の「馬鹿映画」を超えた「白痴映画」が帰ってまいりました。

まあ前作を見終わったときは椅子から転げ落ちかねない位の「つり銭無しのお腹一杯」ぶりにもう続編なんてヤボは言うもんじゃねえ!と思ったものでしたが、結局どんな事情かほぼ前作と同じスタッフ&キャストで製作が実現してしまいました。
出来てしまったからには仕方が無いので見に行きますよ、そりゃ。

いわゆるアヴァンタイトルのノリだけでほぼ前作と同様のテンションを維持している事に素直に感心しつつ、あとはもうエンディングまで一直線。前作同様徹頭徹尾アタマカラッポ。
いやもう本当に何にも無いんです。無さすぎてありがたさすら漂う禅の境地…はい、嘘です(笑)。
ともあれこの水準が維持できるならさらなるシリーズ化もアリだなァ。

妙に演出がヌルくかったるかった「リローデッド」なんぞに比べると106分という俺好みの時間できっちり仕事して見せたMcG & Drewは偉い。デミ&ブルースの共演も大いに笑ってやってくれ!
意外にも1作目のネタを結構踏襲しているので、見る前に復習するのも悪くないかも。

ついでにその「リローデッド」ですが、1作目も実は結構長い映画だったとは後から気が付いたんだが、2作目はいかにも金を儲けて止める奴がいなくなってしまった感が漂ってしまって、ちょっとガッカリでしたかねえ。

スミス×100と戦うシーケンスとか(あえて言うが)出来悪いくせにだらだら長いんで、極論言えば要らないですからね。
対スミスなら前作のタイマン勝負の方が熱いっすよ。「弾切れだ」「お前もな」みたいな。

だらだら長いといえばザイオンのシーンもそう。本当に見せたいシーンなら「ちゃんと撮って、ちゃんと切る」これ重要。

まあ話は完全に次回に続くなのでまだ解んないですけどね。3作目が終わったときに「長い蛇足だったなァ」とならない事を祈るのみ。

« TRON | Main | ボウリング・フォー・コロンバイン バトルロワイアルII »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« TRON | Main | ボウリング・フォー・コロンバイン バトルロワイアルII »