« YES ひっぱるよ | Main | 蔓延 »

September 26, 2003

THE RIGHT STUFF

世の中には「漢の映画」と言う分野があるのである。と断言したくなってしまうのだが、まあ例えば「遊星からの物体X」も野郎しか出てないと言う意味ではそうだが(笑)、そういうことではなく筆者的「漢の映画」ランキング上位と言えばやはりこれ「THE RIGHT STUFF」である。

この作品はDVDソフト化が初期だったため長らく両面1層と言う今となっては殆ど見る事の無い仕様で出ていたがようやく待望の新仕様(当然本編は片面2層)で発売となったと言う事で早速入手である。劇場公開版はあまりに長いということでカットされていたのが、その後ソフト化された際に全長版として193分となりその後はこれがスタンダードとなった。
まあ全編を頻繁に見るものでもないが、NASAモノの先駆的傑作である事は間違いない。
とかいいながら繰り返し見るのはNASAとは関係ないイエーガー関係のシーケンスばかりだったりするのはお約束である(笑)。サム・シェパードが文句のつけようの無いほどにカッコイイのである。ちなみに実際のイエーガーとは全然似ていない(爆)。

ところでこの映画で盛り上がると言えば音楽の効果は大きいわけだが、この映画はサントラ盤が出ておらず、LPにして片面分の組曲しか存在していない。 サントラスコア完全盤を望んでいる人多数な事は間違いなく、少なくともここに約一名である。
ちなみに音楽担当はBill Contiだが、Rockyシリーズ等でおなじみの得意のブラスロック路線とは異なる正統派オケスコアを中心に全編を彩りアカデミー音楽賞まで獲ってしまっている…のだが良いのか?知っている人はすぐわかる話だが、Bill Conti超有名曲をパクってます。
とりあえず聴いた事無い人はホルストの組曲「惑星」(特に木星)ともう一つチャイコフスキーの「ヴァイオリン協奏曲」の第一楽章5分30秒過ぎあたりを聴いてみよう!まあ、ある意味ではパクった挙句燃えるスコアに換骨奪胎してしまったと言えなくも無いが、これをオリジナルスコアと言って良いのか?アカデミー賞の選考委員にはクラシックの素養のある人間がいないと言う事か?Contiの方が受賞してビックリしたかもしれんな(笑)。

というわけで「ガムあるか?」って事ですよ。

« YES ひっぱるよ | Main | 蔓延 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« YES ひっぱるよ | Main | 蔓延 »