« September 2003 | Main | November 2003 »

October 2003

October 29, 2003

キル・ビル Vol.1

見る。

私タランティーノの映画は実は初めて見るのであるが、多少の事前知識はあったにもかかわらず驚ぇた!
一言で言うと「怪作」というのがぴったりか。この映画は見るつもりのある人には特に遠慮して以下ネタバレしないようにしておきますが…

なんつってもハリウッド映画を見に行ったつもりがB級邦画だったんだからそりゃビックリしますって!
タランティーノ、そんじょそこらの日本人より遥かに邦画(それも所謂プログラムピクチャーとかB級アクション等に)に詳しいのが凄い。正直わからん元ネタもかなりテンコ盛り。

物語の冒頭はそれでもまだ比較的シリアスでどのようなノリか探りながら見ていたのだが、日本に舞台を移すあたりから怪しくなり始め、血飛沫飛びすぎ(まんま「子連れ狼劇場版」なわけですが)のスプラッタ活劇シーケンスになってくると流石に「明らかにこの映画はオカシイ」と気がついてくる算段?。
終映後の場内にも「想像していたのと違いすぎる」という雰囲気出まくりなのが笑えるが。

まあユマ・サーマンの上半身で刀ぶん回すアクションに物足りなさはあるわけだが、それでも絵面がここまでモロに邦画っていうのも凄い話で、このノリは日本人の方がむしろ理解できるのではなかろうか…?ルーシー・リューとユマ・サーマンの対決シーン等、特にそう思う。

北野武の「座頭市」が微妙にスノッブにしてむしろ外国人受けしそうな要素がちりばめられているのに対して、タランティーノの本作の方がかつての邦画のノリに遥かに近いというのは実に不思議な現象であります。

わざわざ大金掛けてこんなショーモナイ映画(誉めてんだよ!)撮る馬鹿が海の向こうから現れるとは、深作も草葉の陰で泣いて喜ぶどころか地団駄踏んで悔しがっているだろうて。

とにかく良くも悪くも凄い映画ではあった。Vol.2を見るのが怖いくらいであります。

October 18, 2003

ワールドシリーズ

ワールドシリーズは結局Yankees VS Marlinsということになったようで、Red Sox(1918年) VS Cubs(1908年)というホントに勝てないのはどっちだ?という夢のというか、それぞれのファンにとってはある意味悪夢のような(笑)対決を見たかった向きも多かったようにも思えちと残念。しかも実現していればその1918年以来の対決だったしな…。

October 15, 2003

サボテン

まあ色々ためしてみようと言うことで始まったサイトなので、たまにはそーゆーネタも載せてみる。

お部屋に緑の潤いをと言う事で買ってきました。
1コ500円也。マジでトゲトゲは触ると痛いです。


冬場は月に1回霧吹き程度で良いらしい。
でも枯らしてしまう人もいるらしい…はたして?

October 11, 2003

蔓延

最近何かとこのネタが多いんですが、大分CCCDが蔓延してきたこともありうっかりCDも買えない世の中なんですな。旧譜はともかく新譜となるとCDのロゴを確認するのがすっかり習慣ですよ。
で、どういうわけかCDなのにCDのロゴが見た目どこにもなかったりするのがあったりして判断に困ると買わなかったりするんですよ。もしかしたらオビの裏だったりするのかもしれないですが、普通はオビにも印刷してあるじゃないですか。
そういうわけでCDという確信が持てずにスルーしたのがTOTOの最新ライブ盤。おそらく十中八九CDだと思われるが騙されるのも癪なのでね。メーカの方もCDであることが人によっては売りになるんだからロゴは分かりやすいところに表示するのを希望したいところ。
ちなみにTOTOについては近々ライブDVDが出るらしいのでとりあえずそれを待つ事にした。

んでCCCDといえば何つってもThe Beatlesの「LET IT BE NAKED」がCCCDにて発売と言うことで泣く泣くスルー予定だったんですが、どうやらUS盤はCDの模様。
これ国内盤より輸入盤が売れたら痛快なので皆で結託して国内盤はスルーするべし!

どうしてもCCCDにすると言うならメーカの勝手ですから仕方ないんですがフォローとしてSACDなりDVD Audioなり、きちんとした媒体でも出すのがスジと言うものだろうがね、というのは受け売りですが。
受け売りついでにどこかで見かけた意見としてレンタルはCCCD、セルはCDというのは妥協案としては悪くないと思ったね。
まあ嫌な世の中だよ。

« September 2003 | Main | November 2003 »