« ワールドシリーズ | Main | Bobby »

October 29, 2003

キル・ビル Vol.1

見る。

私タランティーノの映画は実は初めて見るのであるが、多少の事前知識はあったにもかかわらず驚ぇた!
一言で言うと「怪作」というのがぴったりか。この映画は見るつもりのある人には特に遠慮して以下ネタバレしないようにしておきますが…

なんつってもハリウッド映画を見に行ったつもりがB級邦画だったんだからそりゃビックリしますって!
タランティーノ、そんじょそこらの日本人より遥かに邦画(それも所謂プログラムピクチャーとかB級アクション等に)に詳しいのが凄い。正直わからん元ネタもかなりテンコ盛り。

物語の冒頭はそれでもまだ比較的シリアスでどのようなノリか探りながら見ていたのだが、日本に舞台を移すあたりから怪しくなり始め、血飛沫飛びすぎ(まんま「子連れ狼劇場版」なわけですが)のスプラッタ活劇シーケンスになってくると流石に「明らかにこの映画はオカシイ」と気がついてくる算段?。
終映後の場内にも「想像していたのと違いすぎる」という雰囲気出まくりなのが笑えるが。

まあユマ・サーマンの上半身で刀ぶん回すアクションに物足りなさはあるわけだが、それでも絵面がここまでモロに邦画っていうのも凄い話で、このノリは日本人の方がむしろ理解できるのではなかろうか…?ルーシー・リューとユマ・サーマンの対決シーン等、特にそう思う。

北野武の「座頭市」が微妙にスノッブにしてむしろ外国人受けしそうな要素がちりばめられているのに対して、タランティーノの本作の方がかつての邦画のノリに遥かに近いというのは実に不思議な現象であります。

わざわざ大金掛けてこんなショーモナイ映画(誉めてんだよ!)撮る馬鹿が海の向こうから現れるとは、深作も草葉の陰で泣いて喜ぶどころか地団駄踏んで悔しがっているだろうて。

とにかく良くも悪くも凄い映画ではあった。Vol.2を見るのが怖いくらいであります。

« ワールドシリーズ | Main | Bobby »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« ワールドシリーズ | Main | Bobby »