« 寒いドーム | Main | インタビュー »

December 14, 2003

Dude,Where’s My Country?

「おい、ブッシュ、世界を返せ! Dude,Where’s My Country?」という事で前著と映画で大いに名前を売り、いまやアカデミー賞監督でもあるマイケル・ムーアの新刊を読む。
暗澹たる抱腹絶倒というのも意味不明っちゅうか、アメリカがしばしばマスコミで喧伝されているような社会では無い事が良くわかる。
むしろ大多数のアメリカ人は日本的社会をこそ求めているかのようですぞ、諸君。まあ詳しくは読んでくれい。←投げやり(笑)。アメリカもとりあえずマイケル・ムーアとニール・ヤングは信用できそうだぜ!

その日本はといえばブッシュに負けず劣らずの馬鹿総理とその一派に好き放題に牛耳られ、ほとんどの人間は搾取されるだけのアメリカン・スタンダードの狂気にますます傾倒。それどころか解釈改憲などというレベルを遥かに超えた無茶苦茶な屁理屈で自衛隊のイラク派遣と。
冷静に見て9.11のとばっちりを受けたとしか思えないフセインにも若干同情すべき点は無いでもないが、言いがかりで戦争しかけた(戦争って大体そんなものだけど)ブッシュを脊髄反射のように支持した小泉にもまったく困ったものだ。これはもう完全にファッショですな。

こうなってみるとやっぱりこの前の選挙で小泉を降ろしておいた方が良かったのだ、と思わずにはいられない。とはいっても結果的に国民が支持したと言えなくも無いわけで、手続きに従っている以上は仕方ないんですなぁ。イラク派遣そのものは手続きに問題ありありだとは思うが。

本来はまず憲法を改正すべしなんですがねえ。

とか書いてたら死んだと思ってたフセイン捕まえたって?
ちゅーかビン・ラディンはどうした訳?こっちが先決ぢゃねーのかよ…!

« 寒いドーム | Main | インタビュー »

」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 寒いドーム | Main | インタビュー »