« November 2003 | Main | January 2004 »

December 2003

December 31, 2003

井上バンド復活

ここへ来てなんだか凄ェライブ発見。
一瞬我が目を疑うに十分なインパクト。

Keyが大野克夫じゃないのは残念だが、代役ミッキー吉野なら十分見る価値ありかも。
ちょっと前うたばん見てたらショーケンのバックでもKey弾いてた。この辺りの人脈はなかなか面白いねえ。というわけでとりもなおさずチケ押さえてしまいました。

まあそんなわけで来年の運勢は誕生日別で299位らしいんですが、生きてる限りはだらだらとここも続く予定でございます。

December 25, 2003

ファインディング・ニモ

たぶんこの冬、一人勝ちと目される「ファインディング・ニモ」見る。

予想通り劇場は親子連れにて満杯。映画は過不足無い出来にて十分。ハッピーエンドは約束されてる訳だし、こちらもそれを期待している中での仕事としては100点。ちなみに劇場のせいもあって日本語版でございます。
CGでしか成立し得ない絵作りもお見事。

しかしまあこれであーた、熱帯魚ショップでクマノミが大人気だというのは皮肉というかなんちゅーか…
親「○○ちゃーん、ニモだよ~」
子「わーい」
…って映画の内容をなんと心得る!ってな感じですか(爆)。
ちなみにホオジロザメのブルースってやっぱりJAWSが元ネタなんですかね。

December 20, 2003

インタビュー

前回ニール・ヤングは信用できそうと書いたら、早速裏付けるネタがミュージックマガジン誌のインタビューで披露されていた。

いわく「インターネットは新しいラジオみたいなものだ。皆ラジオには金を払わないだろう」とか「CDが売れなくなって結構な事だ」などシビレル発言が短いインタビューながら炸裂しまくり。

立ち読みですが…

というわけで上記発言の真意については諸兄各々であたって下され。

それにしてもこの先何年日本の歴史が続くかわからぬが、いよいよ本性剥き出しのここ数年の小泉ファッショ政権の所業(ドサクサ紛れに重要法案ゴリ押ししまくり)は後年大いに転換点として語られるであろう。その意味では良くも悪くも歴史に残る宰相となるだろうて。

これがまた名宰相として語られるであろう未来も予想できるだけに暗澹たる思いではあるが。

December 14, 2003

Dude,Where’s My Country?

「おい、ブッシュ、世界を返せ! Dude,Where’s My Country?」という事で前著と映画で大いに名前を売り、いまやアカデミー賞監督でもあるマイケル・ムーアの新刊を読む。
暗澹たる抱腹絶倒というのも意味不明っちゅうか、アメリカがしばしばマスコミで喧伝されているような社会では無い事が良くわかる。
むしろ大多数のアメリカ人は日本的社会をこそ求めているかのようですぞ、諸君。まあ詳しくは読んでくれい。←投げやり(笑)。アメリカもとりあえずマイケル・ムーアとニール・ヤングは信用できそうだぜ!

その日本はといえばブッシュに負けず劣らずの馬鹿総理とその一派に好き放題に牛耳られ、ほとんどの人間は搾取されるだけのアメリカン・スタンダードの狂気にますます傾倒。それどころか解釈改憲などというレベルを遥かに超えた無茶苦茶な屁理屈で自衛隊のイラク派遣と。
冷静に見て9.11のとばっちりを受けたとしか思えないフセインにも若干同情すべき点は無いでもないが、言いがかりで戦争しかけた(戦争って大体そんなものだけど)ブッシュを脊髄反射のように支持した小泉にもまったく困ったものだ。これはもう完全にファッショですな。

こうなってみるとやっぱりこの前の選挙で小泉を降ろしておいた方が良かったのだ、と思わずにはいられない。とはいっても結果的に国民が支持したと言えなくも無いわけで、手続きに従っている以上は仕方ないんですなぁ。イラク派遣そのものは手続きに問題ありありだとは思うが。

本来はまず憲法を改正すべしなんですがねえ。

とか書いてたら死んだと思ってたフセイン捕まえたって?
ちゅーかビン・ラディンはどうした訳?こっちが先決ぢゃねーのかよ…!

December 03, 2003

寒いドーム

誰が見てんだかわかんないようなこんな場末のサイトも、いつ閉鎖しようかなーなんて思いながらも気がつきゃ丸々4年経過ですよ。
いや驚いた。

ところで最近の物笑いと言えば何気にTrevor Hornのプロデュースだったりするところは侮れない…のか知らんが(笑)某国から来た小娘供なんですが、あまりに腹抱えちゃったので書いちゃいます。

まあどう考えても呼び屋サンの頭が悪過ぎってところですが、ナンボ100万枚売ったからといっても資金力の無いお子様層が中心と思え。
普通ならもはや呼ばないところをあえて呼んだばかりか、せいぜいドサまわりライブハウスツアーが適正規模だろうに平日の東京ドーム2DAYSて、アンタ。
そもそも大人は行かないし、地方の子供は来れないしで滅茶苦茶。
失敗する要素がコレデモカ!!のテンコ盛り。

誰か気づいても良さそうなものだが、バックが読売グループと聞いてある意味センスの悪さに納得。きっと気づいても言い出せなかったんだろうなあ…大人の世界って悲しいねえ(涙)。
50000人の半分で25000人と発表しているが、皆気づいているようにおそらく相当水増ししていると思われ、寒々としたドームライブという滅多に見れないものが拝めた模様。
参加者にしてからが野次馬とか無理やり動員組みも多かろうしファイターズの消化試合以下のテンションだったりしてな。

もし今後LIVE IN JAPANとかいうソフトが出るとしたらCG駆使した観客水増しは必須と思われ(爆)。いっそ観客はサングラス&黒スーツ(もちろん皆仏頂面で)に入れ替えるとかしてほしい。

« November 2003 | Main | January 2004 »