« January 2004 | Main | March 2004 »

February 2004

February 29, 2004

井上堯之バンド

とりあえず一筆書かずばなるまいまい、の「井上堯之バンド」である。
何でも26日の初日は沢田研二の飛び入りで「時の過ぎ行くままに」が披露されたとかで、大ショックなわけだが。うーむ、初日も押さえておくべきだったか…
井上サンは初日の出来は練習になった程度と言って笑いを取っていたがね。

昨日がジュリーなら今日はまさかショーケン?とか淡い期待も無くは無かったが本日のゲストは佐藤竹善でした。実はショーケンは観客席にいたらしいのだが。

その竹善氏も言ってたように経緯からしてライブで聴けることなどあるまいと思っていた楽曲群を惜しげも無く披露しまくった今回のライブは一義的には実現したことにこそ意味があるのだ。それはかつて当時それほど入れ込んでいたわけでは無いと井上堯之本人が語っていただけに30年以上シツコク聴き続けたファンの勝利と言う事でもある。実際あのテーマ曲はおそらく俺個人史で最も多く聴いた曲なのではないかと思うわけで。事実1000回では済むまい(笑)。

んで肝心の楽曲だが、わりとレコに忠実な長さの演奏が中心だったので1曲が短いのだ。だもんで途中で「組曲:太陽にほえろ!」全曲披露とかしねえかなァなんて思ったんだけどさすがにそれは無し。ほんとに初期のナンバー中心でした。ちなみにオープニングは「傷天」。
終盤でようやく披露された「メインテーマ」はオリジナルが奇跡の完成度を誇る分、特にリズム隊が再現できない感じアリ。でもギターはまぎれもなく完全に耳にすりこまれているあの音。

ミッキー吉野のプレイはちょっと期待と違ってアンマッチな感があったのは残念だが(大野克夫に比べるとファンキーでネチコイ個性が個人的にちょっと違和感あったのと、ハモンドをもっとガンガン弾いて欲しかった)、管を担当した鈴木明男は期待以上、Sax/Flute奏者ですが時に欠かせないトランペットをシンセ(EWI?)で吹くという仕掛けになるほどと唸ったね。だから相殺。

しかしまあ何と言っても圧巻は井上堯之その人であるよ。正直ここまで凄いギタリストだとは思ってなかったのね。特に後半エンジンかかってきてからはすばらしいの一言。
あの個性的な音はあの指先だからこそ鳴る音なのだなあ。何だかんだ言っても井上バンドのサウンドの要の一つは井上堯之のギターだったと改めて思ったね。
実際のライブを目の当たりにして思ったのだが、井上サンの持つエモーショナルな匂いはまぎれもなく芸術家のそれである。芸術家だからどうこうというつもりは無いが、本物の芸術家の匂いと言う奴はジャンルを問わず共通するのかもしれない…などと思ったのであった。

これはまあ是非とも次の機会と言う奴を設けて、今回披露しなかった75年以降を披露してもらいたいものである。組曲全曲付きで。
ちなみに今回MCで語った内容からすると、長年の疑問であったあのメインテーマのベースはやはり諸状況から岸部修三=一徳だと判断して良いようだ。いやようやくすっきりした(笑)。

February 15, 2004

逆輸入

あまりにも馬鹿げた話が続く我が国の音楽産業界だが、CCCDだけではあきたらずいわゆる逆輸入版の阻止を今度は打ち出してきたとか。
次に狙うはいわゆる輸入盤というのは馬鹿でも勘ぐる話であるが、というよりははなッからこちらが真のターゲットなのではと思えなくも無い。さらに邪推すると次に奴等が俺達から奪おうとするのは、中古市場かもしれんがね。

データからしても奴等が導入したCCCDなる謎の円盤は(最初から見え見えだったように)全く売上増に寄与していない。端的に言ってヘヴィーユーザー(つまり連中にしてみれば本来は一番のお得意様のはずなのだが)ほどこの問題には神経質であり、私のようにCCCDは何が何でも買わないという方針に至る場合もあるわけだ。
このうえ輸入盤という最後の砦も崩されるとなると残るは大げさに言えば虚無感だけである。何で音楽の提供者側がシャカリキになってリスナーから音楽を奪うような事ばかりするのか?

意味が全くワカラン。

何度でも似たようなことを書かずにはいられないが、そもそも音楽と言うものは実に多種多様な嗜好品である。大量に売れるものがあるのも事実だが、本質的には多品種を少量提供せざるを得ない中でたま~に大当たりが出る程度のものだと思うのだが。日ごろ数千枚レベルでしかプレスされてないものを聴いていると本当にそう思う。
どうしたって数千枚そこそこしか出ないものもあれば数百万枚のものもある。それで良いではないか。常識的に考えて数百万枚というのは全体のごく一部でしかないわけだが。そこを前提に考えていないから間違ってるのだ。
産業として90年代の売上バブルで膨れ上がってしまった状態を何とかしたいと思うのはリーマンの端くれとしては理解できるけど、もう無理でしょ?
狂乱の売上バブル時代に売上に貢献していた層って言うのは今はある意味音楽に飽きてしまってると思うね。俺でさえ何か飽きたなァって思うことあるもんね。大概はしばらくすると聴いたことの無い音に出会ってまた聴き出すんだけどね。

しかしまあね、実のところ私はもう良いんです。
SACDとかDVD-AUDIOがどうなるか、あるいは個人的にどうするかと言う部分はあるにせよ、とっくに諦めてますから。はっきり言って新譜を聴かなくてもぜんぜん困らないんでね。輸入盤が手に入らなくなってもCCCDだらけになっても、とりあえず現状で市場に出回っている旧譜とか中古盤だけでも一生かかっても聴けないくらいの量はあるわけだし。そもそも1300枚既に手持ちがあるわけだから1日1枚ずつ聞き直しても3年半かかる訳でね。

この国は今本当に滅茶苦茶な国に着々となりつつある憂いがますます濃くなる日々だが、たかが音楽と思う無かれ。こういった事柄一つ一つがそれを裏付ける証拠なのだと思わずにはいられない。とはいえこの国の中で貨幣経済に依存して生きている以上、直接間接にそれの片棒担いでいるのは実は自分自身でもあると言うジレンマがもどかしくもあるのだが。

…長ぇな。

February 10, 2004

G5その後

その後もHDDが丸ごと駄目になってデータ吹っ飛ぶとかありえない事態も起きたがどうにかこうにかG5復活。ただしダウンロード販売で買ったアップデータが吹っ飛んだためB4,Battery,Pro53はインストール出来ないという悲しい状態に。一時はどうなるかと思ったが、駄目モトでNI社にメール出したらアップデータを再ダウンロードできるようにしてくれたよ!親切な独逸人に乾杯。

それはさておきAppleがemagicを傘下にして以来、コンシューマ向けに音楽ソフトを出してきそうな気はしていて実際Soundtrackというのは出ていたのだが。先日発表になったiLifeの新しいパッケージの中の一つ、GarageBandには思わず注目だったわけだ。

なんつーても現行Logicですら搭載していないアンプシミュレータまで使えるのは凄い。(これだけでもパッケージ価格5,800Yenは十分価値ありだし実際使ってみても音的には俺っちとしてはもう十分なレベル)

機能的な取捨選択の妙というか、凄く使っててラクかつ面白い。一見機能が少なそうでいて意外と痒いところに手が届いているのだよ。んで軽くやってみた。ほとんどどれも素材そのまま。

February 02, 2004

G5 iPod 40G

牛の次は鳥と言うわけでジャンクフードジャンキーな我々の喰うものが次々なくなっていくような気もする昨今だが。まあこればっかりは食料自給率とは違う問題でもあるしなあ。
豚だって何時何が起こるか知れたものではないよ。

我輩としては今こそ声を大にして言いたいわけだが、これからは鯨だな。これしかねえべ。

なんて事はさておき、こちらで書いてたように修理に出してたG5が3週間ぶりに帰ってきたんだが、動作確認しようとしたら今度はいきなりOSが壊れてしまいました。いや本当作ってないですからこの話。
2台連続でハズレを引くだけでも我ながらスゲえと思うけど、もう笑うね。再インストールしたくてもDVD-ROMの蓋が開いてくれるところまで起動してくれないので、缶切りは缶の中状態。

その後まあどうにかこうにか、インストールまでは何とかなったんだがデータ救う為にもHDDがもう一台必要と判断。
ちなみにG5君はシリアルATAなので手持ちのHDD使えず、結局また散財。
もはやヤケクソ。いつの間にやらメモリは2G、HDDは280Gという超散財マシンへと変貌。

さらに実はこんな物も入手してたり。iPod40G。20Gだとキツかったからねえ。これだけありゃァとりあえずこれはまあ落としても良いやってのを別にすりゃ手持ちのライブラリがほぼ入るよ。

率直に言って操作性は旧型のほうが良いけどね。

« January 2004 | Main | March 2004 »