« 消費税表示 | Main | 来たよ »

April 01, 2004

日和る


小生の持論としてこの国が駄目になっていくばかりの原因について相当な部分を占めているのが司法だと言うのがある。
※曲がりなりにも民主国家なので一番駄目なのは投票権をもちながらロクな使い方を覚えていない国民というのは前提条件だからつっこまない。

たとえば最近はあまり表立っては聞かないが一票の格差問題と言うのがある訳だが、これについても違憲だが合法などという現状に擦り寄ったいわば日和見判決などを出している訳でそういう姿勢が余計に物事をややこしくしてるのだな。
三権分立の本質を忘れた馬鹿げた結論である。司法は司法としてその機能を果たすのみに勤めて「違憲。よって選挙やり直し」という単純な結論を出せばよかったのである。格差が解消されるまで何度でも選挙を繰り返すだけのことだ。それが故の三権分立だ。

とまあ、万事がこの調子でとかく権力の使い方を間違っている訳だが、出版差し止めなんぞという狂った処分を出すに至ってはいよいよこの国もお終いだと嘆かずには言られない。さすがに高裁で覆ったものの地裁で前例が出たという事実は重大である。訴えを起こした側もさることながら出版差し止めした馬鹿も中学の社会を勉強し直せという話だ。

小生は件の記事は見てないのでどういう内容だったかは知らないが、とにもかくにも原告サイドの思惑はどうであれ、皮肉なことに田中議員に離婚した娘がいることは非常に広範囲に知れ渡る事になった訳だ。
確かにそんな事実はどーでもいー話で別に小生も知りたくは無いが、このどーでもいー記事だからショーガネーというのは問題の本質ではない。ここが矮小化されているのはマズいのだよ。

まあそうは言っても自分の事でやたらな事を書かれたくないという心情も理解は出来るけどね。筒井康隆の「俺に関する噂」とかが頭によぎるとね。←俺、日和ってんぢゃん。駄目ぢゃん(笑)。

« 消費税表示 | Main | 来たよ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 消費税表示 | Main | 来たよ »