« ご報告 | Main | 世はすべて利権 »

May 30, 2004

NO FUTURE

なかなか落ち着いた感じがしてこないもんでゴブサタしてますけどね。
世の中の動きも色々ですよ。
よくもまあ次から次へとツッコムネタが尽きないものだと感心するさ。

実は背後には米メジャーレーベルという黒幕がいたようでもあるが文化庁と業界の陰謀としか思えない輸入盤問題も意外な展開を見せているので今後とも注目だ。

常識的には衆院→参院と思っていたのだが、実は逆でも良いというのは不肖にして知らなかったが、よーするにどーでもいー法案という扱いということで。

成立の行方はさておいても一部ネット界隈の疑惑から衆院審議で鋭いやり取りが行われるに至ったという事実は、大げさでなくこの国の歴史の中でも異例の事実と記録すべきかと。

しかしだ。
となれば次に権力が仕掛けてくるのはネットそのものなわけだ。
「コンテンツ健全化法案」の衆院通過なんてのは輸入権どころのヤバさでは無い感じですよ。ポップカルチャーへの攻撃と言う点では根っこのところは似てるけどな。
なんでも「一切の教養・娯楽は健全でなければならない」なんていう内容らしいけどこれはアウトだね。ここは北の国ですか?って感じでNo Future。

これが今のこの国の正体だぜ。歴史を紐解けば、このまま突き進んでいつかまたしてもカタストフを経なければ気がつかないのだろうかね。
評価すべき点は評価しますけど、差し引いていくとこの法案一つだけとりだしてもマイナスポイントが圧倒するんだよ。

こんな事ばかり書いてるとそのうち社会的に抹殺されたりしてな。
断っておくともっと呑気な事を書きたいんだけどますます酷い話ばかり増える昨今、呑気なネタが浮かばないのさ。

« ご報告 | Main | 世はすべて利権 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« ご報告 | Main | 世はすべて利権 »