« スパイダーマン2 | Main | ごく素朴に »

July 24, 2004

Jerry Goldsmith

今回も映画関連で。
といっても映画音楽だが。

小生にとって最強の映画音楽作曲家と言えばこれはもうJerry Goldsmithをおいて他にはいないのである。
ここ日本的にはもう一人のJである、John Williamsであるとか先頃来日コンサートを行ったEnnio Morricone(行きたかったけど行けんかった)であるとかいった面々の方がポピュラーであるのは否めないが、これは手がけた作品の映画自体の当たり外れ、メジャー感と言った面が多いに影響している。
端的に言えばSTAR WARS(by J.W)に対するSTAR TREKであったり、SUPERMAN(by J.W)に対するSUPERGIRLであったりするあたりだが、音楽に関して言えばこれはもういずれも甲乙つけがたく…ってもちろん小生はJGに軍配を上げますけど。

でなんでいきなりこんな事書いてるかとゆーとそのJGの訃報に接したからなのだが。

思えば生まれて初めて買った洋画サントラ盤は当時初めてのデジタルレコーディングというふれこみだったSTAR TREK The Motion Pictureだったよなぁ。この際だから褒めちぎりまくるけどこのテーマを作曲するにあたってJGは同じようなSF大作のSTAR WARSのテーマ(映画公開は帝国の逆襲と同時期)とTVシリーズの有名なテーマの2つと対峙しなければならなかった訳だが御大はその2つとも見事にクリアして今にいたるまでの息の長いテーマモチーフを作り上げた訳だ。

それにしても3度目の来日コンサートはついに実現できず終いにて残念である。

« スパイダーマン2 | Main | ごく素朴に »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« スパイダーマン2 | Main | ごく素朴に »