« なんじゃこりゃ色々 | Main | つらつらと »

September 23, 2004

スクール・オブ・ロック

劇場公開時にも見ておきたいと思っていたのだが、結局かなわなかった映画がこのたびめでたくDVD化の運びとなり早速入手にて鑑賞。
ありがちな内容でも十分にユニークな作品にできるというのはこの作品に限った事ではないが単純に面白い。
泣き笑いでロック。
劇中オリジナルのテーマ曲もなかなか良い。ロック映画のニュースタンダードか。

ところでちょっと話はずれるが個人的には子供の芸というのはあまり好きではない、どうもキワモノめいてしまうのでね。大人の金儲けという裏が見えすぎてというのは穿ち過ぎか。最近で言うと手品師の兄弟とかさ。ありゃ、イリュージョニストとか言わないとイカンのか(笑)。

でもなんかこの映画くらい生き生きと楽しそうにやってんだったらまあ良いかという感じになってくる。芸を見せるというよりは当人達が楽しそうな雰囲気に溢れているから。これはまあそういう雰囲気を引き出した現場が良かったんだろう。

« なんじゃこりゃ色々 | Main | つらつらと »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« なんじゃこりゃ色々 | Main | つらつらと »