« つらつらと | Main | Grey & Pink »

October 11, 2004

Caravan

Rock界にはカンタベリー系という分野がある訳だが、何故だか2004年の秋はカンタベリー週間なのである。

何故ならば界隈の重鎮Caravanが3度目の来日をするだけでなく、ファミリーとも言えるRichard & Dave Sinclairもまたその1週間後にGrey & Pink(言うまでもなく名盤In The Land Of Grey And Pinkからね。GrayではなくGreyなのが英国たるトコロ)という名義でライブを行ようなわけで。

それはさておきキーボーディストとしてのDave Sinclairに興味深々だった小生としてはDaveが脱退(何度目だよ!)してしまった本体のラインナップにはあまり興味は無かったりもしたのだが、何故だかそのCaravan本体もその1週間前にライブをやる事態となれば、やはりこの際そろって制覇するしかあるまい...

というわけで台風も無事過ぎた10/10まずはCaravan本体である。ところは個人的に久しぶりのClub Quattro。
えーと正直言って客少ないです(爆)。ペイ出来るのか心配になってしまった。しかしバンドの演奏は関係無く、意外と言っては何だが予想以上に良いもので大満足。少ないとはいえ客もそれなりに盛り上がってたぞ。Guitarソロはほとんど新加入のDoug Boyle(Gt)に任せてるPye Hastings(Gt,Vo)は本当にWriter&Singerなんだなぁとか、パフォーマーとしてのGeoffrey Richardson(Vla,Fl,)が大変なキーマンであるとかは見て初めて分かったり。
特筆すべきは全然知らなかったけどJan Schelhaas(Key)は相当な使い手だったりでこれは個人的収穫。
セットリストもまさか演奏するとは思わなかったGolf Girlなんかも披露されたし、Nine Feet Undergroundなどは一週間後のGrey & Pinkとの比較が楽しみだな。

« つらつらと | Main | Grey & Pink »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« つらつらと | Main | Grey & Pink »