« Grey & Pink | Main | EAGLES »

October 31, 2004

暗い夢想

米軍の力をもってすれば一時的に戦争に勝利するのは容易いのは誰が見ても明らかだったわな。
しかし国を征服する(勝利し続ける)というのは古今東西容易な事ではなく、ましてや現代においては「非人道的」な支配を堂々とやらかすわけにもいかないのでなおさらである。
ある面ではベトナム以上の泥沼化ではないのかね。
で、その泥沼に何故だか馬鹿正直につきあってるのが純一郎って訳だ。

今の時点でまだ確定してはいないがイラクで邦人質が殺害との情報である(とか書いてたら確定の報あり)。
今回のケースはイラクへ移行とした動機等についてよくわからず、あえて言えば「自己責任」という観点からはなにがしかのルートを持っていたとも思えない被害者にも責が皆無とは言い切れない面はあるかもしれない。

なにしろ戦争状態の国に行こうってんだから。

ところで純一郎ってのは何につけ良くも悪くもあまり迷いが無い。
だもんでいつもの如く「自衛隊は撤退しません(人質は見捨てます)」の一言でおしまい。危険な国に行ったんだから勝手に殺されてろという論理である。今回の報を受けて色々言うかもしれないが根っこの所ではそう思っているはずである。そもそもブッシュの片棒担いで日本の立場をここまで追い込んだという点はどう思っているのか分からないが、まあそんな事はミリ秒も考えてないのは明白だしなあ。

もしかしたら民間人といわず自衛隊に犠牲者の1人でも早く出てくれねえかなとか思ってるのではないだろうかね。
駐留期間の延長もそれを見越してるのではないか?
そんでもって犠牲隊員を国葬して英雄に祭り上げ人目もはばからず目の幅涙で号泣(多分民間人が何人死のうが泣かないよこの男は)し、ナショナリズムを鼓舞する演説でも一席ぶって一時的には落ちるだろう支持率も急上昇。そんで憲法9条改正の流れを作るみたいな事を夢想してねえか?

不思議なのは元々憲法問題にはあまり興味なさそうだったように思える純一郎がなぜこうなったかという所だがね。

« Grey & Pink | Main | EAGLES »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« Grey & Pink | Main | EAGLES »