« ニッポン放送とか | Main | 再び独身生活 »

February 27, 2005

Live at BB King Blues Club

あまり公式音源が無いJeff Beckのライブ盤がネット限定で売られているらしいとの情報により、入手した物である。
2003年の音源のようだが何とバックがTerry BozzioとTony Hymasという小生のFavorite盤であるGuitar Shopの布陣というところが興味深い。

聴いてみるとよりいっそうウネウネ感の増したようなBeckのギターはやたら音がでかく弾きまくり、Bozzioのタイコも良く聴こえるがHymasの鍵盤はステレオ感も無く音も小さめで全体のバランスは良くないですな(まさに会場でまま録音したって感じ)。
それでも音質が悪い訳ではないのだが、ミックスがまあ値段相応って事で公式海賊盤というのに納得の風情である。
セットリストに不満もあるが、一応Bozzioのタイコだし、People Get Readyはヴォーカル抜きで演奏していたという事実判明は楽しいし、総じてBeckの異次元ぶりはとにかく炸裂しまくっているので、貴重な音源には違いない。

次のアルバムがあるならばこの布陣でもう一度というのはもうずっと思っているのだが、こうしてライブ音源を聴くとなおさらこのトリオの鉄壁ぶりが際立つ。

ちなみにSony Music USAのストアでは米国外は扱っていないのでどないせえっちゅう事やねんと思ったのだが、色々さぐった結果www.shopbootlegs.comという怪しげな名前だがちゃんとしたところらしいサイトから買えた。
なお国内のサイトでは基本的には入手ルートが無いようで、こんな貴重な盤を前にして日本は何をやっとるんだ!と追求したくなるところだが、ショボいジャケとはいえ$9.98(CD)+$7.00(送料)という安さなのでどうでも良いかもしれなかったりする。

« ニッポン放送とか | Main | 再び独身生活 »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« ニッポン放送とか | Main | 再び独身生活 »