« NHK | Main | ワールドカップ予選 »

February 03, 2005

一太郎

といえば、かつてデファクトスタンダードに近いほどの勢力を誇った国産ワープロの老舗であるなんてーのは今更小生がどうのこうの言うまでもないのだが、なんつっても最近驚かされたのは松下との法廷争いの結果販売停止という判決が出た事につきる。
この案件、特許がらみの裁判なのに加えてモノがソフトウェアなのでなおさら判りにくい。要旨をみてもやっぱりよくわからないが、ただ一般のコンシューマにとってみたらどうなんだろう?正直なところ今回の内容で製造/販売停止というのが妥当な判決なのか?という感覚は残る。
小生は一太郎はあまり使った事はないが、それにしても販売停止というのは案件の内容に比して重すぎるような気がするのだが。
これじゃあソフト開発なんか出来ねえよなあ。

特許、著作権というのは本来弱者の為の権利という側面が強いはずなのだが、巨大化した資本社会では巨大資本同士のゴロ巻き合戦か巨大資本による弱者潰しに陥りがちなように庶民には見えて仕方がない。
今回も司法にはもう少し巧い落としどころがあったのではないかねえ。

そういえば特許と言えばちょっと古いけど某教授のダイオードってのもあったね。我々にしてみりゃ200億でも数億でも残りの人生遊んで暮らせるって意味では変わりゃしねえってのが正直なところでもあるが(笑)、まあTVでちょっと見た会見はずいぶんとエキセントリックな感じでアメリカナイズされてるなぁってのが印象だったかね。駄目な奴は駄目でしょうがねえぢゃねえか、見たいな物言いは本人には関係無いかもしれないがどっちかっつーと個人に同情的な社会の空気を変えてしまったような気がするよ。
科学の研究開発ってのは無数の先人の駄目駄目な事例の積み重ねの上に成り立ってるんだから、本人の真意は別にあるのかもしれないけど、まああまり良い感じではなかったわな。

« NHK | Main | ワールドカップ予選 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« NHK | Main | ワールドカップ予選 »