« iTMS | Main | iTMSその3 »

August 05, 2005

iTMSその2

昨日は奥さんに個人的夏休みをという事で娘と2人で留守番などしていた最中にiTMSオープンであまりチェックもできなかったのだが、今まで高値安定だった他社のサービスも同日付けで価格改定したりなんかして横並びにしてきたりしてるようだの。その意味ではやはりある種の「黒船」なのかもしれないが、冷静に見れば手放しで喜ぶ事もできず。
関係団体との交渉が難航した事は結局日本だけが単一価格を実現できなかったという事実だけでも容易に想像はつく。10%とはいえ、売れ線を含む邦楽は200円/曲がほとんどに見える訳でこれでも従来と比較すれば若干は安いけれども所詮は圧縮音源と思えばねえ。
ラインナップもあたりまえだがSony系が皆無だから洋楽でもメジャーどころがかなり抜けてるし。ちなみにUSストアには結構Sony系もあるがJeff Beckとかを探ったところアルバムから抜粋だったりしてなんだかセコい。

というかこのまま200円が定着するのが癪なのでなんだか200円楽曲は避けてしまう自分がいたり。
配信ならではの利便性を考慮しても普通にCDを購入できる以下の価格でないと基本的におかしいんじゃねえかと。このあたりに本気でやるつもりがあるのかとレコード会社には問いただしたくなる面があるわけだ。
本音を言えばおそらくレコード会社にはあまりやる気が無いんだろうね。この期に及んでいまだにCDセールスの鈍化につながりかねないから恐ろしいとか行ってる体たらくだし。
配信ビジネスと従来のパッケージビジネスは異なるビジネスだと言う事を理解していないか理解したくないかのどちらかだ。著作権という言葉に自縛されているかのように見えて哀れですらある。売れてこその著作権料だろうに。

著作権といえばデジタル放送のコピープロテクトも弾力化の動きがあるそうで、当然と言えば当然の流れか。まあどういう結論がでるか分からんけど少なくとも現状の厳しすぎるプロテクトではレコーダに限ってみた場合制限ばかりで何の利便性も無い商品しかできないしな。

音楽配信にしてもデジタル放送にしても単純に自分がユーザの立場に立ってみれば自ずと落としどころって見えると思うんだけどなあ。
結局トップの連中にユーザとしてのセンスが無いんだろうね。つまり音楽を聴いたりテレビを見たりという事をしていないとしか思えない。する暇がないほど金勘定に忙しいのか興味が無いのか。まあ生活には必須では無いからな(笑)。勝ち組でいるためにはそのような時間は勿体無いという事なんだろう。

« iTMS | Main | iTMSその3 »

Apple」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« iTMS | Main | iTMSその3 »