« One more thing... | Main | One More thing...その後 »

October 10, 2005

AT THE MOVIES

やっと届いたよ。
Keith Emersonの担当したサントラ全集コンピが。16日のライブの前哨戦ですよ。
米、伊、日にそれぞれキッチリ分かれた3枚組。なにはともあれNighthawks全編がようやく聴けることは真によろこばしい。
幻魔大戦にしてもゴジラにしても当然Emersonオンリー収録なので無駄が無い(つってもどうせ既に両方ともCDあるんだけどな)と思っていたのだが
ちょっと収録内容が従来版と異なる部分を発見してしまったので実はこれだけでは完全にならないようだ。
まずゴジラだが、Infant Islandは収録時間からすると別バージョンのようだが?日本盤ではマンダVS轟天号となっている曲もGodzilla VS Gotengoという別バージョンが収録(かと思ったらCD15曲目のGodzilla Awakensと同一トラックみたいに聴こえるので収録ミスか?)。その他はタイトルに差異はあるものの同一曲だと思われる。いずれにしてもこのサントラ自体たいした出来ではないのが痛いところだが(笑)。
ちなみに一番「らしい」メインタイトルだが、どこで見たか忘れたけどこの映画のためのアイデアではなく、Emersonのストックから引っ張りだしてきたものだとか。他と曲調が異なるのも道理である。
次に幻魔だが、こちらはかなり凄い。
代表曲といえる「Challenge Of The Psionic Fighters」の一部にリマスター違いというレベルではなく、再発CDでは聴けないフレーズが入っている事に驚愕。アナログ時代からさんざん聴いた曲とはいえ、手元には再発CDしか無いので断言出来ないがこれは初出ミックスかもしれない。
ちなみに今までEmersonのサントラ最高傑作は幻魔かと思っていたが、やっぱりNighthawksが最高傑作でした。いわゆるメインモチーフのアレンジを随所に仕掛けるという王道的な作りが嬉しい。これを聴いてしまうと幻魔は青木望と分け合っている上に担当曲は提供したという感が強いので分が悪いっす。

« One more thing... | Main | One More thing...その後 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« One more thing... | Main | One More thing...その後 »