« 動画対応 | Main | マリーンズ優勝 »

October 16, 2005

Keith Emerson

昨日のサヨナラ負けですっかり流れが変わってしまたかもしれないパのプレーオフですが、今日はなにしろKeith Emersonのライブなのであった。
前回死に水を取ってやる気持ちなんぞと書きましたが、勿論全盛期には及ばないものの前回のEL&Pよりむしろ切れのある演奏に嬉しい誤算。
ま、さすがに寄る年波には勝てずか、オルガンとの格闘ショーは無かったし(齢60を超えてこれやられたら見てるこっちの方が怖いが...)、高速グリッサンドもアクション抑えめだったけど。
期待のDave KilminsterはなんとVo兼任(ちょいとTrevor RabinかRobert Berryちっく)だったのだが、あそこまで歌える人だとは驚き。リズム隊の二人も申し分の無いサポートぶりで○。
まさかのTARKUS全曲演奏もあったし、ピアノコンチェルトのバンドアレンジ版などもレアかと。
集客力もまだまだいけるんぢゃないの?結構かつてのRock少女な方々が来ているように思えたあたりはさすがKeith(笑)。
ところでEL&Pの活動停止後KeithもCarlも何故かギタリストとつるんでるのが面白いですなあ。
こうなるとCarl Palmer Bandの来日も見てみたい。

とゆーわけで次はまたまた2週間後のQueen & Paul Rodgersなんです。埼玉平日は回避してたんだけど休日の横浜ならやっぱり見てみたいよねぇ。

« 動画対応 | Main | マリーンズ優勝 »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 動画対応 | Main | マリーンズ優勝 »