« January 2006 | Main | March 2006 »

February 2006

February 19, 2006

電気用品安全法3

天下の悪法の様相も呈してきている感があるのでまだまだ書く。

どうやら中古品に適用となったのは当初の構想からではなかったようで、なンと昨年の11月だったらしい。
そもそも法の趣旨には中古は含まれていなかったようなのだが(当然といえば当然)、想像力の欠如したどこかのバカたれ(自分たちだって職場や自宅で山ほど電気製品を使っているのにだ)が決めてしまったようだ。勿論お役所様がどんな形であれ一度公表してしまった事を間違いましたなどと口が避けても言うはずが無く、このまま4月まで突っ走っていくのは確定的な状況だ。
この法律には問題が次から次へと指摘されている状態だが、一番の問題は電気製品を中古品として処分できなくなるという事で資産価値が4月からどうやら実質0円になってしまうと言う事なのだ。個人的には中古引き取りで売ればいくらかになったはずのステレオや電子楽器の資産価値が0円になってしまうのは痛い。幸か不幸かン百万もするシステム(中古でも数十万は固い)とは縁がないが、持ってる人はショックだよねえ。個人売買はOKったってこの価格帯はなかなか個人間で売り買いできるものではないだろう。より深刻なのは高価な機器を担保としているような事業主のほうと思われる。転売困難という事は担保価値が無いも同然だからね。普通に考えてこれが事実なら正気の沙汰とは想えないのだが...

少し前の音楽CDの問題とか今回の件だけにとどまらずこの国の立法能力というものが根本的に低下しているのではないか?影響範囲への目配りが足りなさすぎ。

February 18, 2006

電気用品安全法2

大物が動いた。
とりあえず下記へどーぞ。
http://www.jspa.gr.jp/pse/

February 05, 2006

電気用品安全法

小生まったく知りませんでしたが、既に施行されてるんだそうです。
でまあその猶予期間がいよいよ間近にせまってるらしい。
これで何がどうなるかというと色々あるんですが、中古電気製品の流通が非常にやっかいな事になる事で困る人にはとっても困る。
その影響を調べてみると、個人的にはなんだかなぁという項目が多くてそんなもん別に御上の世話にならんでも良いよって感じの法律な気がしてショーガありません。

こういうのって必ず「関連団体」ってのがセットでついてきて、必然的に天下りとか利権とかもセットでもれなくついてくるんだろうなーとか知った風な事書いてみたりして。
ぶっちゃけアナログ放送停止時期みたいな件を遥かに下回る認知率しか無いと想うんですが、そこがまた密かに進行中な雰囲気を醸し出してるのよね。

まあ冷蔵庫とか電子レンジとか洗濯機白モノ家電コレクターという人がどれだけいるのか分かりませんが、その手のものは何となく古いものをわざわざ苦労して手に入れる事も無いかとは想います。ただ法律というものはしばしば杓子定規なものでして、世の中には代替が利かないモノがあるのだ!という事を盛り込む事が難しいのであります。
趣味性の強いステレオとか楽器とか(もしかしたら芝刈り機にもあるかもしれませんが)はそれでなきゃ駄目なんだ!というものがそれこそ山ほどあるのにどうやらこの春からは中古市場から消えてしまうんか。

ステレオとかシンセで闇ルートって何だかイメージにそぐわないけど、現れたりするんでしょうか?って闇ルートってのもどこにあるのか言葉しか知りませんけどね。

だいたい安全法といったものの禁止されるのは売買であって使用ではないから、国内に存在して稼働している現役の機器類に対しては何の効果も無いのだ。こりゃそもそもがザル法じゃねーのか。
というか単なる中古市場イジメだろ。そりゃメーカさんは新しいもの売れないと困るからねぇ。

これからはリサイクルしようと想ったらヘタすれば法律違反ですぜ。
そんな違和感を感じたままに書いてみたよ。

February 03, 2006

なんか知らんが

仕事まみれ状態がずっと続いているうちにあっさり2月。まだ当分こんな状態が続くのです。
そうこうしているうちに今日は雛人形が届いたのです。
もちろん狭い我が家ですのでちっさいものですが。ま、ちっさい事の利点としてなんだかそれだけでなかなか可愛い感じがよろしい。
そもそもがミニチュアのようなものである雛人形なんですが、我が家のはさらにその雛人形のミニチュアという感じなわけです。

« January 2006 | Main | March 2006 »