« 1年 | Main | 電気用品安全法4 »

March 19, 2006

WBC

倒しても倒してもなお前に立ちふさがるゾンビあるいは矢吹ジョーのような日本チームにさぞや韓国チームも嫌な想いをしたであろう。
一度は死んだチームの中でさらにスタメン落ちを余儀なくされた福留がまさかの先制2ランでチームを結果的に救った筋書きはなかなかドラマチックであった。
気持ち的には今日の試合がヤマになってしまい、決勝戦はほんとにオマケみたいな気になってきてしまったが。
とにもかくにも実現したWBC、継続して行く事で位置づけも変わっていく可能性は秘めているように見えるので今後も続いて欲しいね。
そうなれば我々は由緒ある大会の第1回を知る世代になる訳だしさ。

« 1年 | Main | 電気用品安全法4 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 1年 | Main | 電気用品安全法4 »