« 出張 | Main | ZEPPIN »

May 27, 2006

Stelvio CiprianiとかiTMSとか

別にいためしだから伊太利亜な訳ではないのですが、ちょっと伊太利亜音楽系の話題が続くのはたまたま。
ちょっと前にカセットテープをデジタル化ってな話を書いてましたが、自分でも忘れていたような名曲を色々拾えて結構楽しかったんですな。
そんでそこからまたiTMSで探すといくつかは発見する事が出来た。勿論いろいろな意味でアナログテープ起こしよりは相当マシなんで購入してみたり。

そんな中発見したのがStelvio Ciprianiという伊の映画音楽作曲家。基本的にB級あるいはC級映画が多いので名前までは知らなかったのだが、まあ映画がアレでも音楽は別というのは普通にある話で、テープにあった中では「テンタクルズ」「ラストコンサート」といったところが担当作品。
それにしてもまさか同じ作曲家だったとは思いもよらなんだ!ちなみに両作とも本編は見た事無いです(どちらの作品も見た人にはそれぞれ違った意味で印象に残ってるようですが)。
「テンタクルズ」のおよそ怪物パニック映画とは思えない能天気なテーマは大いに楽しませてもらったし、「ラストコンサート」の方はたぶん代表作でもあり同じ作曲家とは思えない哀愁の旋律が良いのだが、それより何しろ「テンタクルズ」がアルバム丸ごとiTMSにあるって事の方が驚いてしまったけど。
iTMSには無かった「ラスコン」はいい音で聴きたくなって色々探したら、同好の士というのはいるものでしてCiprianiのコンピレーション盤を発見、捕獲に至った次第。所謂イージーリスニングアルバムの体裁ですがなかなか良い仕事です。
そういや伊太利亜つながりで大御所Ennio Morriconeのこれまた印象的な作品「夕陽のギャングたち」のテーマもiTMSで拾えました。
てな調子でそのiTMSですが開始以来なんだかんだ結構利用してます。
あまり利用しないようにと思いつつも既に400曲ぐらいは落としてるので、これでもし一律1曲100円、アルバム1000円とかだったらもっと凄い事になっていたと思います。

« 出張 | Main | ZEPPIN »

Apple」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 出張 | Main | ZEPPIN »