« 映画 日本沈没 | Main | 旅行 »

August 03, 2006

Death Note 前編

映画化のニュースを聞くまで全く知らなかった作品ですが、原作は全巻読破した上で見てきたよ。
原作はドラえもんの秘密道具一つでもここまで話を膨らませる事が出来るんだなあという妙な感心をしながら読んでましたけど、なかなか面白かったです。バカバカしいけど大真面目ってのは良いです。特に第一部は。

ところでマンガだとまあマンガだしな、とかそもそもジャンプだしな、的なある種のマイナス要素がそれほどマイナスにならなかったりしますな。例えば重要キャラクターの「L」のあり方(謎の名探偵)なんてのは、そういうものだと思って進めないと成立しないし(そもそも何語で会話してるんだよとか、日本人なのかよとか)。

しかしいざ生身の役者による映像となると、そのマンガちっくなところがやや強調されてしまいちょっとノリ切れない感もありみたいな微妙な感じ。たとえば「L」が当初モニターにLの飾り文字でしか現れないところとかは、マンガだとなんとなくスルーしてしまえるんだけど、いざリアルな絵面で見るとやはり何かヘンだ。まあこの辺りは個人的な感覚だと思いますが。

ストーリー的にオリジナルの展開を見せた部分はこういう展開もアリというところで割と納得。ただ全く意味の無いミスディレクション(ペンをとるシーケンス)は弁護のしようがないなぁ、ドラマツルギーの為に論理を排除したのか?金子監督は割と理屈で撮るタイプと思っていたがなあ。まあゴジラでも破綻した部分あったし、ガメラでは伊藤脚本とのケミストリーだったという事か?(そういや日本沈没の樋口監督もガメラつながり)
はたして後半はどこまで展開するのか。原作は盛り沢山だけにどうなる事やら。なんて鹿賀丈史を見ながら津上係長を思い出す私は年寄りでございます。

« 映画 日本沈没 | Main | 旅行 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 映画 日本沈没 | Main | 旅行 »