« July 2006 | Main | September 2006 »

August 2006

August 20, 2006

猿園

始まると早いがもう夏休み最後の日曜である。

あー仕事したくねー。

というのはさておいて、久しぶりに高尾山に行ってきた。もちろん一家でですが。
ベビーカーでは山登りなんてのは無茶ですが、ここはケーブルカーでそこそこ上まで行けるのでね。
で、そのケーブルカーで上っていったところからしばらく歩くと猿園というのがあるんですが、そこに行ってみた。
以前動物園に行ったときには、ほとんど関心を示さなかった娘でしたが、今日は猿に食い付きまくり。
「あ!」とか「お!」とか指差しまくってました。
楽しかったです。

August 18, 2006

旅行

さて夏休みって事で娘と一緒に初旅行てなもんで。
場所は軽井沢まで2泊3日してきたよ。なぜ軽井沢かといえばおもちゃ王国というアミューズメントパークがあるからなのです。
ここは保護者同伴なら園内の乗り物が全てOKという豪気な施設なので我が家のような小さい子供連れにはベストフィット。
仮に雨が降っても室内で遊べる施設もありという触れ込みもありで。

実際のところ行った日はあまり天候が優れず最初は室内で遊んでいたのだが、じきにやや雨も上がってきて結局いろんな乗り物にも乗る事が出来ました。
娘は喜んでいたのかどうか微妙ですが(笑)。
往復の長時間ドライブにもめげず一番元気だったのは確かです。若いって素晴らしいですな。1歳にして外面の良さを発揮して宿でもおとなしく(自宅比)食事などしてくれて助かりました。

August 03, 2006

Death Note 前編

映画化のニュースを聞くまで全く知らなかった作品ですが、原作は全巻読破した上で見てきたよ。
原作はドラえもんの秘密道具一つでもここまで話を膨らませる事が出来るんだなあという妙な感心をしながら読んでましたけど、なかなか面白かったです。バカバカしいけど大真面目ってのは良いです。特に第一部は。

ところでマンガだとまあマンガだしな、とかそもそもジャンプだしな、的なある種のマイナス要素がそれほどマイナスにならなかったりしますな。例えば重要キャラクターの「L」のあり方(謎の名探偵)なんてのは、そういうものだと思って進めないと成立しないし(そもそも何語で会話してるんだよとか、日本人なのかよとか)。

しかしいざ生身の役者による映像となると、そのマンガちっくなところがやや強調されてしまいちょっとノリ切れない感もありみたいな微妙な感じ。たとえば「L」が当初モニターにLの飾り文字でしか現れないところとかは、マンガだとなんとなくスルーしてしまえるんだけど、いざリアルな絵面で見るとやはり何かヘンだ。まあこの辺りは個人的な感覚だと思いますが。

ストーリー的にオリジナルの展開を見せた部分はこういう展開もアリというところで割と納得。ただ全く意味の無いミスディレクション(ペンをとるシーケンス)は弁護のしようがないなぁ、ドラマツルギーの為に論理を排除したのか?金子監督は割と理屈で撮るタイプと思っていたがなあ。まあゴジラでも破綻した部分あったし、ガメラでは伊藤脚本とのケミストリーだったという事か?(そういや日本沈没の樋口監督もガメラつながり)
はたして後半はどこまで展開するのか。原作は盛り沢山だけにどうなる事やら。なんて鹿賀丈史を見ながら津上係長を思い出す私は年寄りでございます。

« July 2006 | Main | September 2006 »