« 第2世代 | Main | 単身短信北海道 »

November 04, 2006

Death Note 後編

いやーまさか前編をもうTV放送してしまうとはNTVには恐れ入った。てなもんで律儀に早速見てきましたよ後編を。
相変わらず若いコを撮るのは抜群に上手い金子監督ですが(大林宣彦と双璧?)、アクションシーンとかは上手く無いか。
もともと作品は活劇では無いけれど、多少はハッタリの利いたシーケンスもあるのでね。ちょっと緊張感の欠けたカット割り(特にTV局突入シーンとか)はカーペンターぽくって?寂しかったよ。私、カーペンター派ですけどあのユルい演出はカーペンターだから許される域でしてネ〜。

それはさておきやっぱり興味はそれなりの長編である原作を(しかも前編はようやく物語が動き始めるあたりまでだし)どう完結まで持っていくかという点でありましてね。その意味ではまずは前作でのオリジナルプロット部分も含めて良くアレンジしたなぁと素直に思いましたですよ。

以下ほとんどモロには書いてませんが、ちょっぴり気を使って。

















つまり、もちろん原作ありきではあるのだけれど、映画オリジナルのラストも原作が第1部しか無い前提で終わらせるとしたら、こう来たかもしれないと思わせる部分が確かにあるもの。原作の衝撃度で言えばやっぱり第1部の"L"の死な訳でして、あれは外せない要素でしょ。そこを外さず物語的にはそうするしか無いはずの相打ちもしくは共倒れにするためにはどうするかってとこでして、そこで情緒的解決法にしたんじゃ興醒めだった訳ですが(最後の最後は原作も情緒的なんですけど、それはそれとして)ちゃんと原作のDeath Noteのルールを破る事無く(かなりちゃんと読んでる感が伝わってきた)、そこにのっかって理屈で攻めたからね。
極めてゲーム的ではある映画(原作の要素だから仕方ないのです)だけれども最後の"L"の"覚悟"が映画を引き締めた感はあったです。

« 第2世代 | Main | 単身短信北海道 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 第2世代 | Main | 単身短信北海道 »