« CASINO ROYALE | Main | 硫黄島からの手紙 »

December 12, 2006

LOVE

...って何を血迷ったかと思うかもしれませんが、最近少々巷をにぎわせたLOVEといえばThe Beatlesのニュウアルヴァムと喧伝されたアレであります。
実際にはシルク・ドゥ・ソレイユがラスヴェガスで行ったショウの音楽という位置づけらしいです。まあこれを新作という位置づけで呼ぶのはいかがなものかという素朴な疑問はある訳ですが、かろうじてGeorge Martin翁がプロデュースに名を連ねている点だけが材料といえなくもないか。
しかしてこれがあまりにも薄っぺらい感のあるタイトルとは裏腹になかなか侮れないアルバムになってしまったところが複雑な心境でもあったりして。
Let It Be...Nakedには正直なところやや否定的な捉え方しか出来なかった小生であるのだが、今回については実際の音によって正直面白ぇと思ったのが本音。Nakedよりも遥かに楽しめてしまったのだなぁ。
たとえば冒頭のThe EndのドラムソロからGet Backになだれ込む展開には笑ってしまったし思わずヘヴィーローテしちまったよ。これはアリです。普通にカッコいいですよ。Drive My Carからのメドレーもまた侮り難し。ちまたに溢れるRemixものの中ではおそらく最高峰の出来だねこれは。
また各楽曲のブラッシュアップぶりもかなりのもので、やっぱオリジナルの録音が良かったんだろうねきっと。たぶん今一番音のいいThe BeatlesのCDだろうなあ。

でもやっぱりMartin Editionではあるけどね。

« CASINO ROYALE | Main | 硫黄島からの手紙 »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« CASINO ROYALE | Main | 硫黄島からの手紙 »