« 硫黄島からの手紙 | Main | 理屈は理屈として »

December 31, 2006

北国の帝王

勝手にDVDでもう一度見たいシリーズ(次回未定)、この年末に何書いてんだって話ですが。

そろそろ次世代規格が立ち上がりつつあるのかないのかはさておいて、とりあえずこのDVD時代にもう一度と切望しているのだが何故だか未だにDVD化されない作品群というのが結構ある訳ですな(海外ではDVD化されている「地球爆破作戦」とかね)。これもそんな作品群のうちの一本で、いわゆる漢(オトコ)映画の傑作。
北海道を根城にした極道映画...ではない。舞台はアメリカ、時は大恐慌時代、主人公は今で言うところのホームレスであります。
エースナンバーワンと呼ばれる無賃乗車の帝王...というか常習犯にリー・マーヴィン、殴る蹴るはあたりまえ、しまいにゃ命で償ってもらいマス的な方針の恐怖の車掌にアーネスト・ボーグナインという実にイイ顔すぎて野郎は大喜びだが淑女にはウケそうもない素晴らしい布陣。
基本的にはマーヴィンが無賃乗車、ボーグナインがその阻止に立ち向かうという構図ですが、それが何故だか両者命がけの戦いとして描かれ展開して行く訳です。その間にエースナンバーワンに憧れを抱きつつ(だったかどうか定かでないけど)対抗したりなんかする若造のホームレスなんかとのジェネレーションギャップなエピソードとかあったりしてね。良い話なんですな(笑)。
ま、設定だけ書くとなんじゃそりゃ、ですが、これがまた決して空回りする事無く、実にこうなんというかカッコイイ映画ですから(見たのがあまりに昔なので漠然とした記憶しか無いですけど)。Marty Robbinsの歌う主題歌「A Man and a Train」もまた雄大なイメージを喚起する傑作なんだが、こちらも入手難なのは何たる事か!FMエアチェックからン十年、いくつかあるBest盤のうちの1枚にかろうじて収録されている事が判明しこの度入手できたけどな。(実はそれが今日届いたので書いてるの)

その昔にTVで見た時の吹き替えは小林清志&富田耕生(当時この二人以外はあり得ないはず)だったと思うがDVD化の際にはこちらも収録よろしくだな!

« 硫黄島からの手紙 | Main | 理屈は理屈として »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 硫黄島からの手紙 | Main | 理屈は理屈として »