« ノイズキャンセリング | Main | その後のイヤフォン »

March 16, 2008

玉の道

とはなんぞや。
クーゲルバーンともいうらしいが、ビー玉の類いを転がしてあそぶ玩具の事であるらしい。

娘の3歳の誕生日に何をあげようかなんぞと色々物色している中で発見したのがスイス製のスカリーノという製品。
まだ自分で組み立てて遊ぶには難しそうでもあったもののコースを造ってあげればそれなりに楽しんでいる風ではあります。
てゆーか、単純かつ奥が深い部分もあり、むしろこれは父がハマってしまったかも。

基本セットでも子供には十分だが、これには短いレールしか無いのが問題(誰の?)で、やっぱりダイナミックなコース作りには長いレールが必要なんだよ〜。
ここは補充セットを追加するべきか...なんてな。

なに故こーゆーものは人(俺)をひきつけて止まないのであろうか...(笑)

« ノイズキャンセリング | Main | その後のイヤフォン »

「育児」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« ノイズキャンセリング | Main | その後のイヤフォン »