« Phoenix | Main | 新型導入 »

April 28, 2008

CLOVERFIELD

ちょっと前から気になっていたやつをようやく見てきた。色んな意味でどういうモノなんだろうという興味だけですが。

予告映像などから推測出来るように、フェイクドキュメンタリーの体裁による怪獣映画ってやつだ。
これはもうワンアイデアものってことになるんだが、面白いかどうかって話になると普通の映画としては正直そんなに面白くはない。ま、普通の映画じゃないので、何と言ったらいいかという部分はあるのだが。
それよりも、一部で話題になっていたように文字通り映像に「酔う」事があるので注意って事なんだが、見事にその罠にハマっちゃったのね。
実は体調が優れないままに見に行ったので、嫌な予感はあったんだけど見てたらますます気分悪くなってしまいました。
これ見るときは体調の良いときに見る事をお進めします。

何しろ全編が素人のホームビデオ記録かつ編集無し(という設定)なので、ひたすら手ブレが続きます。これを大画面の長時間はしんどい。
上映時間は90分たらずと短いですが、実際2時間とか耐えられませんな。特に事件が起きる前はほんとに赤の他人のしょーもないホームビデオ(という設定←しつこい)なのでこの辺は単純にキツいです(笑)。

トリック映像としては凄いとは思うけど、同じ話を普通の映画の文法で作ったらどうだったかというと、やっぱりそんなにさえない感想になりそうでもあるので、いわばハナっからカルト映画として狙って作ったこのやり方の方が結果的に上手かったとは言える。
でも続編が決まったらしく、そっちは同じ話の別視点という事なのでもしかしたら普通の文法に則った作品になる?それともいまさらそんなことしないか。















で、問題のヤツですが、一応ちゃんと出てきます。基本的にチラ見ですが。
デザインはまあそんなに魅力的では無いですが、いわゆる巨大怪獣としては米国製としては過去最強の強さかもしれません。レギオン級ですかな。

本編は当然ながら音楽も基本無しですが、実はエンドクレジットの曲が妙に東宝テイスト(というか伊福部節)でおもろいです。担当はMichael Giacchinoですがなかなか器用な人です。

« Phoenix | Main | 新型導入 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« Phoenix | Main | 新型導入 »