« デジタル化の憂鬱 | Main | ちゅ »

June 25, 2008

Indiana Jones

RockyやらRamboやらを持ち出すまでもなく、最近は目立つ10数年ぶりの続編だったり、新作だったりで。
とかいいながらも見る側にしても最近見る映画見る映画そんなのばっかりで、つきあってしまうこっちもなんだかなぁ感があるのは否めないんですがー。
でも見ちゃったみたいな。

シリーズで圧倒的に面白いと思うのはやっぱり1作目なんですけど、2作目3作目とちがって何度も見たし、今回はまあカレン・アレン再登板という意味も含めて正調続編て感じです。
とりあえず小ネタも含めて見てる間はきっちり楽しませてもらいました。どうにも既視感のある、毎度コテコテのアクションシーケンスは実にスピルバーグな感じだし。
ただ冒頭のネタは日本人としてはセンシティヴすぎてなんぼなんでも笑えません。ギャグ?とはいえ(もっと勉強しましょうねという意味で)あまりにもお粗末なので、いまだ核の認識はこの程度かと。

追記
たまたまキネ旬を眺めたら、劇中当時のアメリカ人の核に対する常識はあんな程度だったという事をわざとやってんじゃないかみたいな対談記事があったんですが、確かにそうとでも思わないとあまりにもバカなんだよな。そこまで含めてのギャグなんだとしても、いまだにこの程度の認識をしてそうな一般大衆が結構いそうなので何だかなぁ。

« デジタル化の憂鬱 | Main | ちゅ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« デジタル化の憂鬱 | Main | ちゅ »