« 腹痛 | Main | ないしょ »

August 30, 2008

バーニング

...といいますと、何なんでしょうかね。普通の人?だと頭に浮かぶのは芸能プロダクションなんでしょうか。
しかし、ここで意味するのは1981年の映画でして、いわゆる「13金」系の一本。毎度おなじみ東宝東和の無茶宣伝では全米27州?で上映禁止!とか(単に公開予定がなかっただけなのが真相らしい)とか登場する殺人鬼に「バンボロ」なる日本オリジナルの勝手命名したりとかまあ良い時代でしたな(笑)。
当時も今もこの手の映画を趣味とした事は無いのだが、二番館上映のため「007 For Your Eyes Only」との併映だったので仕方なく見たのである。
んな訳でインパクトだけはあったけど。
なにしろ問題のバンボロさんですけど物語上ではそもそも彼は被害者なんですな。キャンプ場の管理人だった彼が悪ガキのいたずらによって哀れ全身火傷で病院行きになってしまうところが始まりだもの。数年後醜悪な姿となった彼はキャンプ場に舞い戻り植木バサミだったかを振り回す恐怖の殺人鬼として暴れ回る事になるのだが、なんと現在の管理人がかつて彼を火だるまにした悪ガキの一人な訳でここだけを抽出すれば一応復習譚なんだな。
しかし奮闘空しく?バンボロさんは返り討ちになってしまい、哀れ頭に刃物をぶち込まれたあげくにまたまた火あぶりとなってついに昇天しまうのであります。
これはまあ悲惨だが仕方ないとして、酷いのは元悪ガキの管理人がこの顛末を都市伝説として、キャンプ場でネタにしているというラストに、観客は「ひっでぇ話だなぁ」と嘆息するしかなかったんです(笑)。って普通にネタばらしてますけどいいよね?

で、なんで今更こんな映画の話を唐突に持ち出すかと言えば、最近たまたまはいった近所の中古CD屋が閉店セールやってまして、そこでこの映画のサントラCDを入手したんですよ。実はこの映画の音楽はYESのキーボーディストでもあったRick Wakemanが担当してまして彼の膨大なソロ群の中でも割と評価高い部類なのね。公開当時はRock聴きではなかった小生だけどサントラ聴きだったので名前はなんとなく当時から知っていて、そんな有名な人がなんでこんな映画の担当するんかねーみたいには思ってたのな。
ちなみにかのKeith EmersonもB級ホラーのサントラを担当してたりするんで割とそういう傾向は当時あったのかも。
で、そのCDだが純粋なサントラ盤とは一寸趣が異なり、前半はThe Wakeman Variationsと銘打っての提供曲をモチーフとした純然たるソロである。後半はThe Music From The Filmとして所謂サントラが収録(前述の都市伝説語ってる極悪なくだりと思しきナレーションも(笑))。あまりWakeman風でないポップ調の曲とかブルーグラス調の曲もあって「Wakeman意外と器用だなー」とか感心してたら、これはさすがに他人の提供曲らしい。
で肝心の楽曲だが、一昔前のこの手の映画に割とあったちょっと哀愁漂う感じってんですかね、Wakemanの手癖満載なんだがアレンジなんかはなんかGoblinっぽい感じもありで面白かったです。十分に良作。

« 腹痛 | Main | ないしょ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 腹痛 | Main | ないしょ »